JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2238
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

親戚の一人が困っております。 この3月に退職します。私大の教授です。 妻が退職金の半分は自分のものと主張しそうで

質問者の質問

親戚の一人が困っております。
この3月に退職します。私大の教授です。
妻が退職金の半分は自分のものと主張しそうです。
この主張には法的根拠があるのでしょうか。

妻は家事は一切せず、自分の食事を作っても夫にお食事は作らず、病気入院の夫を見舞うことなくもありませんでした。

このような妻でも主張する権利はあるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答 にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


結婚してから築いた財産は「夫婦の共有財産」とされます。それは、夫が働いて得た給与や退職金も対象になります。
離婚の際の財産分与では、裁判でそのように判断されています。ですから、退職金に関して自分にも使う権利があるということは、妻の言い分は正しいです。

ただ、今の時点では、共有財産となるものの、その明確な共有持分は定まっていない状態です。二人で話し合って使う方法を決めていきましょう、ということになります。

妻が明確な退職金の持分を求めるなら、離婚して財産分与を請求するしかありません。


「このような妻でも主張する権利はあるのでしょうか。」という質問に関しては、
主張する権利はありますが、今の時点で明確に半分にしなければならないわけではありません。
離婚の際には財産分与として、退職金も分ける必要がありますが、妻の財産形成の寄与度からいっても裁判で半分が認められる可能性は低いでしょう。

という回答になります。




戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問