JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 495
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

dai60962000さま 的確なアドバイスを頂戴し、少しホットしておりましたが 新たな問題が発生いたしました。

解決済みの質問:

dai60962000さま
的確なアドバイスを頂戴し、少しホットしておりましたが
新たな問題が発生いたしました。

長文かつ、分かりにくい文章で申し訳ございませんが、ご一読頂き、アドバイスを頂戴したいと思います。

現在円満調停を行っておりますが、申し 立ての期日(9月)時点では、私も妻と同じ住所であるA市のため
A市の管轄である裁判所から呼び出しを受けました。

しかし、現在は私の住所はB町であるため管轄の裁判所が異なります。

妻はA市の裁判所へ2つの申し立てを行い、そこから私に連絡があり
「本来はB町の裁判所で調停を行うが、円満調停を本裁判所で行っているので、追加の2件についても
 本裁判所(A市)で扱って良いか?」との連絡がありました。

私は「B町で調停を行いたい」との回答を致しましたが、その後連絡は無く
昨日(12月5日)、私の元に2件の申し立ての書類が届きました。

出廷日時は12月12日で、一週間しかありません。 (12月12日は円満調停の日時です)

そこでお伺いしたいのですが、追加で受けた申し立てに関して
場所と開催期日の短さについて、裁判所に対して、意義申し立てを行うことは可能でしょうか?

もし、可能であればどのような手続きを行うのでしょうか?
現在、仕事が多忙で平日に時間を取ることが厳しい状況なので、電話で対応が可能かどうかも
併せてご教授頂きたいと思います。

誠に急で申し訳ありませんが、何卒良きアドバイスの程
宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

再度ご質問いただきましてありがとうございます。

調停の通知は2週間ほどは余裕があるはずですが、1週間とはあまりににも短すぎます。電話連絡でも結構ですので、担当書記官に「その日は仕事の都合でいけない。後日に日程を変更して下さい」と依頼しましょう。

裁判と違い、出頭しないからといって不利になることはありませんし、あなたの都合もあるわけです。

A家庭裁判所に場所が決まったということは、相手の申し立て当初管轄が同じであったからと推測されます。書記官が気を利かせて電話連絡をしてきたのでしょう。

A市とB町は同じ山梨県内にあるのでしょうか。そうであれば応じてあげましょう。調停は月1回程度です。

あまり県外などあまり遠いのであれば、調停を「A市では調停を受けられないので、断ります。調停をするのであれば、相手にもう一度申し立てをするよう伝えてください」と不調にし、再度相手に申し立てをさせましょう。今度はあなたが承知しない限り、あなたの住所地の管轄の家庭裁判所になります。

相手のペースに乗せられる必要はありません。慌てずに行動しましょう。

ただ、電話口での「調停」はできませんのでご承知ください。

 

今回、回答させていただきましたが、前回の質問について評価がまだされていません。次の質問をされる場合、申し訳ありませんが、評価をしてからお願いします。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


詳細なアドバイスありがとうございました。


 


早速、裁判所へ連絡しましたが、書記官から


・A市の裁判所が本所で、B町の裁判所が支所であるため


 A市での調停も可能である


・9月から継続している円満調停の延長で、今回の2つの調停を


 進めていく(といった旨)


 


を告げられました。


 


とりあえず、アドバイス通り「A市での調停は受け入れられない」


と主張したところ、12日の円満調停の中で話しましょう と言う事になりました。


 


担当の調停員の方ですが、なんとなく妻側を擁護する傾向が


強いと感じています。


例えば、今回のように私の主張がなかなか認められない、


妻が調停中にルールを破ったりしても私に「我慢しなさい」等々。 


 


とりあえず、12日の調停でもう一度主張したいと思います。


 


評価につきましては、ご迷惑をお掛けしました。


遅ればせながら評価をさせて頂きました。

質問者: 返答済み 3 年 前.


詳細なアドバイスありがとうございました。


 


早速、裁判所へ連絡しましたが、書記官から


・A市の裁判所が本所で、B町の裁判所が支所であるため


 A市での調停も可能である


・9月から継続している円満調停の延長で、今回の2つの調停を


 進めていく(といった旨)


 


を告げられました。


 


とりあえず、アドバイス通り「A市での調停は受け入れられない」


と主張したところ、12日の円満調停の中で話しましょう と言う事になりました。


 


担当の調停員の方ですが、なんとなく妻側を擁護する傾向が


強いと感じています。


例えば、今回のように私の主張がなかなか認められない、


妻が調停中にルールを破ったりしても私に「我慢しなさい」等々。 


 


とりあえず、12日の調停でもう一度主張したいと思います。


 


評価につきましては、ご迷惑をお掛けしました。


遅ればせながら評価をさせて頂きました。

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

お返事を頂き、ありがとうございます。

本所と支部をまたいでの開催は私はきいたことがありません。代理人である弁護士を付ける場合もありますから、費用がかさむことや移動で時間が取れないなどの問題が発生するからです。あえて言えばこれまで円満調停をA市でされていたということですから、新たな調停申し立てを合わせて行う、ということなのでしょう。

調停委員はほとんどの場合男女二人のはずです。また調停委員が相手に話している内容は分からないわけですから、相手もたしなめられるなど何か言われているはずです。基本的に調停委員は中立ですが、彼らも人間ですから調停をまとめようと一時的にどちらかに傾くということもあるようです。

調停委員はお互いの合意点を見出すために、双方に自制や我慢をするように勧めてきます。お互い折れる部分がなければ調停は進みませんから、仕方がないこととお考えください。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問