JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

質問させて頂きます。 現在、元夫に対し、離婚時の公正証書に基づく養育費不払いに対しての強制執行の為の書類を準備

解決済みの質問:

質問させて頂きます。

現在、元夫に対し、離婚時の公正証書に基づく養育費不払いに対しての強制執行の為の書類を準備中です。

公正証書に記載されている債務者(元夫)・債権者(私)の住所が、ともに現住所と異なっています。
現住所から証書に記載されている住所まで遡る為に、役所で戸籍謄本(除籍謄本)や附表を可能な限り取りましたが、5年以上 経過したものについてはデータが破棄されてしまっていて、証書に記載の住所まで遡る事が出来ません。(債権者については、当時の運転免許証裏面の備考欄で住所履歴が分かります。)

管轄の裁判所に電話で相談しましたところ、債権者については、集めた公的書類と合わせて、免許証をそれに準ずるものとして総合的に判断する、との見解でしたが、債務者については、微妙な回答でした。

附表(除附表)が「5年以上経過」という理由により住所の履歴が遡りきれない場合、他に証書記載の住所から現住所への移転履歴を証明する方法はありませんでしょうか?

宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、離婚されて5年以上は経っていると言うことですね。

多分、戸籍附表の除附表や改正原附表も請求されているかもしれませんが

原則は5年間の保存ですが、それは最低限なので、それ以上保管している

市区町村も多数ございますので、確認がまだならされておいて下さい。

ただ、地方裁判所の方は、それで受け付けたと言うことでしょうか?

裁判所の書類は、集められなければ無いで良いと言うことも意外とありますので

受け付けたのであれば、困っているご相談者様を放っておくことは無いでしょう。

受け付けられなかったのであれば問題とは思いますが、

どういう方法でも良いから、関連付けてくれと言うのでしょうか。

普通は、住所変更の経緯を上申書の提出で良い場合もございます。

住所をたどるとなると、探偵事務所がノウハウを持っているかもしれませんので

ご相談されてみても良いでしょう。

仮に、強制執行を受け付けらなかったとしたら

養育費の未払いの経緯がわかりませんが、相手に事情があって減額したい時など

未払いになることも多いものです。

相手との連絡はされていますでしょうか?

普通は、一度は、内容証明等で請求をするものですが、そこはどうでしょう。

もしダメなら、家庭裁判所の調停を申し立てると言う手もございます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問