JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4918
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

実家に帰った妻から子供を連れ戻したい父親 です。 ①子の引渡しの審判 ②子の監護権指定の審判 ③審判前の保全処分(子の引渡し仮処分)

質問者の質問

実家に帰った妻から子供を連れ戻したい父親 です。 ①子の引渡しの審判 ②子の監護権指定の審判 ③審判前の保全処分(子の引渡し仮処分) この3つの申し立てをしようと考えております。 まずは、保全処分から動き出すと思うのですが、申立書に詳細を書いた後、 その他の具体的な資料はどのような物が有効ですか? 例えば、幼少期から現在に至るまで子供との仲が良好だった事が分かる写真とか、 妻が、家事をしていない証拠の部屋の写真とか、そう言った物は有効でしょうか? また、それらの写真は何枚ぐらいあればいいでしょうか?長男は来年卒業なので、何としても慣れ親しんだ小学校を卒業させてやりたいです。
今まで通った学校を卒業すると言うのは非常に重要なことだと思うのですが、無理やり転校させる妻の行為は子の福祉、子の利益には反しないのでしょうか? 相手に通知が行ってから反論の提出までの期間はどれぐらいありますか? また、保全処分の決定がされるまでの期間はどれぐらいですか? 父親が勝つのは厳しいと言いますが、頑張りたいのでよろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:まだアドバイスが必要。
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:まだアドバイスが必要。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

ご相談者様のご質問に専門家の回答が付かないのは、

正当な評価がされてないからかもしれません。法律カテゴリーの専門家は

これまでのご相談者様のご質問の内容や専門家の回答、評価の有無の

すべてがわかるようになっております。これまで私も2問ほどご回答しましたが

その状況も専門家の先生たちは読まれていると思います。

 とは言え、お困りのようで、他の専門家の先生がご回答されないので

私もマイナス評価ですが、ご回答させていただきます。

 仮に実際に違法な連れ去りがあれば、ご相談者様がされた3つの申立は

効果があると思われます。特に保全処分の請求においては、対応がされ易いと言うのは

あります。

それが無ければ、審判においても1か月以上かかることが想定されます。

調停なら、半年や1年はざらですから、それでも早いと言えます。

その場合でも、保全処分をすべきかどうかは、裁判所の判断ですから

調査官の調査次第になります。

子の引渡しの仮処分は、著しい損害か、急迫の危険を避けるために必要な時に

限って出されるもので、今回のケースがそれにあたるかどうかはわかりません。

また、一般的に、男性側からの申立は受け入れられにくいと言うものがあります。

そうなると、一般的な審判になるか、もしくは付調停の可能性もあります。

簡単に期間の算定は難しいと言うのが現状です。

何にしろ早くされることです。時間が経てば経つほど、監護状況が奥様に有利になってきます。

奥様一人で、監護した実績が付くからです。

追加資料の件は、調停ではないので、陳述書と言うことでもないでしょうが

裁判所から追加資料を求められてからで良いでしょう。

いずれにしろ、よく離婚問題を理解された弁護士の先生にご依頼されて取り組むべき問題です。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問