JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

離婚して親権は相手方にある5歳の息子が、育児放棄により児童養護施設に保護されました。 今までのように息子の養育費(

解決済みの質問:

離婚して親権は相手方にある5歳の息子が、育児放棄により児童養護施設に保護されました。
今までのように息子の養育費(5万円)は相手方に支払わなければならにのでしょうか?
養育費の額は家庭裁判所にて調停で決定し、数年間支払ってきました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。

養育費というものは、子どもを養育するために支払うものであり、相手の生活のために支払うものではありません。
つまり、お子さんが児童養護施設に保護されているということは相手はその間お子さ んを養育していないのであり、お子さんのために養育費は必要ないと考えられます。したがって相手に対して養育費を支払う必要はありません。

このままお子さんが児童養護施設に居ることになると、相手の児童虐待により親権喪失または親権の停止になるでしょう。そうすると親権者がいなくなってしまい、養護施設の長が親権を代わりに行使することになりますので、質問者様は児童養護施設に養育費を支払うことになります。
また、もし質問者様が親権者になることを望まれるのであれば、親権者変更調停、審判を家庭裁判所に申し立てることができます。その点も合わせて考慮なさると良いでしょう。




質問者: 返答済み 3 年 前.

返信ありがとうございました。


では、児童養護施設に入所後も払い続けていた養育費については相手方に返還してもらうこともできるのでしょうか?


相手方は、施設に保護されている息子の養育費につては、家庭裁判所での調停で判断がでるまでは満額支払うべきだと訴えてきます。


調停はこれから申し立てて行うため長期間になる事も考えられます。


現時点で養育費の支払いを中止して大丈夫でしょうか?


また、相手は離婚時に調停で決まった養育費を払わないのであれば、給料の差し押さえの手続きもすると訴えてきます。


 


すみませんが、よろしくお願いします。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>児童養護施設に入所後も払い続けていた養育費については相手方に返還してもらうこともできるのでしょうか?
→返還を請求しましょう。
先ほども回答しましたが、養育費は「お子さんのために支払うもの」であって相手の生活のために支払うものではありません。お子 さんの生活費等がかからない状況で支払う必要はありません。

現時点で養育費の支払を止めて、調停で決着をつけたほうがいいでしょう。調停委員にもその点をお話しするといいです。

確かに調停で決めた養育費の支払いをしないのであれば、強制執行をすることも可能ですが、児童虐待、育児放棄によりお子さんを養育していない実態があるのであれば、その点についても争うことができますので、相手の思い通りにはいきません。もし、給与の差し押さえ等でややこしいことになったなら、弁護士に依頼して対処してもらったほうがいいかもしれません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


最後にもう一点質問させてくだい。


養育費について、相手方は児童養護施設に面会に行く折、ガソリン代やおもちゃ代やらがかかっていると言ってきます。


その点についても支払う必要性はないでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
それは質問者様の気持ち次第ですね。相手のしたことでそのような状況になっているのですから、支払う義務はないでしょう。でもそれくらいは負担してもいいと思うのでしたら支払うこともできる、というところです。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問