JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 495
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

回答ありがとうございました。こちらの状況説明が舌足らずで判断しがたい部分があったやに推察いたします。追加で教えていた

質問者の質問

回答ありがとうございました。こちらの状況説明が舌足らずで判断しがたい部分があったやに推察いたします。追加で教えていただきたく。『。。。この場合妻のほうに義務があります。婚姻している限り夫婦相互扶助が基本なのです。』と記載されてますが、小生が知りたいのは①妻が夫に対し扶養義務が基本的にある、との理解でよろしいでしょうか? 私たち(両親)が扶養することは長男も望んでいるので、それはそれで 、相手が嫌がっているので、受け入れています。しかし、法律的には妻が一義的な義務者だとの理解でよろしいですか?
②子供に対する扶養義務について、長男(子供の父)の今の状況で法的に扶養義務者と決めつけられるのでしょうか?それとも、長男も扶養してもらう立場に近いので、子供の扶養義務はないとの理解でよろしいでしょうか?③養育費の件は先ほどの回答で支払う義務はないと理解しました。④ この様な形態はないと想像してますが、妻側より慰謝料の請求等あり得ますか?(どちらkと云えば、こちら側から慰謝料を請求したいくらいですが?④ 先ほどの説明には記載しなかったのですが、長男は乏しい年金の中から、毎月¥15,000程、子供名義の銀行口座に振り込んでます、また、学資保険(月に4,000円程度)も支払ってます。もし、離婚した場合、これらを中止する選択肢も考えてますが、問題はありそうですか? 余談ですが、年金とバイト料(月額5万円前後)は長男がかんりしてます(無駄使いはしておりません)したがって、両親と長男の3人の月々の生活費は全て我々夫婦(両親)の年金でやりくりしてます。 長々と書きましたが、今一度ご回答よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

①妻が夫に対し扶養義務が基本的にある、との理解でよろしいでしょうか

A.夫が世帯主であっても、収入を得られない状態である時、妻に収入があるのであれば、家庭を支える義務出てきます。また夫が病気である以上、妻は療養看護に努めることも求められます。②についても同様ですが、子供の「扶養義務者」は両親であり、共に協力して扶養することを求められます。夫に限定されるものではありません。

③の離婚した場合の養育費ですが、自活できていない状態で、支払うことはできませんし、支払う必要は無いでしょう。

④この様な形態はないと想像してますが、妻側より慰謝料の請求等あり得ますか

A.病気はあくまで離婚の理由にはなりません。離婚するに当たり請求してきたとしても、支払う必要はないし、理由がありません。

子供名義の口座にお金を振り込んでいらっしゃるようですが、これは任意でありあなたの子供に対する愛情の証ということなのでしょう。でも結局通帳、印鑑を相手に持たれていては、引き出されて使われてしまう可能性があります。

学資保険の満期受取人はどなたなのでしょうか。また、死亡保険金の受取人は子供さんなのでしょうか。

この辺りを考えた上で、契約者は息子さんでしょうから、解約も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

以上は質問に対する回答ですが、本来は病気である夫を妻が支えるというのが本来の姿です。病気の夫を「捨てる」ということはできません。

「夫婦円満調停」を申し立て、家庭の再建を目指す方法もあります。調停委員が上手く間を取り持ってくれることがあります。

あなたたち両親もずっと面倒を見続けることはできないでしょうから、復縁させるのが一番良い方法です。障壁は高いでしょうが、頑張ってください。

 

 

 

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


先生のご助言で、方向性が見え当人はもちろん我々も将来に対する一抹の不安を払拭することができました。誠にありがとうございました。

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

ご理解いただき、光栄に思います。

このシステムの性質上、返信をされますと「回答」をしなければならないことになっています。

そのため、これに「回答せず」そのままにしておいてください。

このたびは、ありがとうございました。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問