JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2239
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

22年前に認知した子供の養育費を求められていますが、現在収入も財産もありません。 妻の収入で生活しています。弁護士

質問者の質問

22年前に認知した子供の養育費を求められていますが、現在収入も財産もありません。
妻の収入で生活しています。弁護士からの通知書に誠意を示さなければ裁判にする。とありますが、どうすればいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。


22年前に認知した子供の養育費を求められている、ということですが、既に成人しているお子さんの養育費を請求されているということでしょうか?これまでに養育費を支払ってこなかったなら、質問者様には支払う義務があります。

ただし、現在収入も財産もないとのことですから、無いものを支払うこ ともできません。相手は裁判をすると言っているようですが、相手が裁判で勝っても質問者様に収入も財産も無ければただの紙切れになります。
差し押さえる収入も財産もないので、裁判費用の無駄となります。
ただ、もし裁判で負けた場合それから10年間は、これから将来に質問者様が収入を得たり取得した財産を差し押さえられる可能性があります。

相手の弁護士には、「支払う収入も財産もない」と伝えましょう。
それでも裁判をするかどうかは相手しだいですので、どうなるかは待つしかありません。

質問者様の収入や財産がなければ相手は養育費分のお金を回収することはできません。



戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問