JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dai60962000に今すぐ質問する

dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 481
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

息子の嫁が夫婦げんかの末に、7月(3日間)と9月(帰宅していない)に家出しました。 孫娘(4才6ヶ月と1才9ヶ月)

質問者の質問

息子の嫁が夫婦げんかの末に、7月(3日間)と9月(帰宅していない)に家出しました。
孫娘(4才6ヶ月と1才9ヶ月)も放置して家出したので、2週間前から家内が手伝いに行っていましたが、昨日息子の嫁に保育園から孫娘二人を連れ出されてしまった。
警察に連絡したところ、 嫁からDV(言葉の暴力という理由だそうです)の届け出がなされているので、警察は介入できないし、居所は聞いているが教えることも出来ないと言われてしまった。
離婚話がDVにすり替えられてしまい、孫娘にも会うことすらできなくなってしまった。
確信犯のようで、共稼ぎだった嫁は数日前に仕事を辞めて行方不明です。おそらく実家のある茨城県に帰るのではないかと想定されます。
裁判に訴えると現住所の名古屋から茨城まで何回も行く事になり、仕事を持っている息子としては辛いところがあります。
それ以前にDVの濡れ衣を晴らす方法があれば教えて下さい。
もちろん夫婦喧嘩をしていますので、乱暴な言葉を使うことがあったと思いますが、子供二人も作っており、平常時にはその様なことはなかったと息子は話しております。
息子は離婚しても良いが、孫娘二人の親権は取りたい。最悪でも定期的な面会はしたいと言っております。
相手は孫娘を息子に合わせないようにするために、このような方法をとったようです。家出してから「弁護士とと相談しているので、法的な処置をとる」と宣言していました。離婚訴訟もしないと思います。息子を困らせたいらしいです。
相手の親御さんは資産があるようで、出戻りの娘家族ぐらいは養えるようです。
今日は上の娘の遠足、明日は下の娘の運動会ですが、全てキャンセルするようです。
孫娘達がかわいそうでなりません。
お恥ずかしい話で恐縮ですが、対応策をご教授下さい。宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
「DV防止法」では、「配偶者からの暴力」は、いわゆる精神的暴力も含む概念である(法1条1項)が、そのうち保護命令の対象になるのは「配偶者からの身体に対する暴力」、すなわち配偶者からの身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものである(法10条)。つまり、精神的暴力は保護命令の対象にはならない。
なので、本当に身体的暴力をして場合、息子さんの妻が「暴力を振るわれた、怖いので居場所を伏せておいてほしい」と申告するとで、 「配偶者暴力支援センター」に通告します。
もしかすると「保護命令」が出て、近接を禁止することになるかもしれません。 ただ弁護士が行くと状況は変わってきます。保護命令がまだ出ていない。暴力を振るっていないのに警察は民事に介入している(所在を隠す行為をしている)。などと警察側の対応を追求することができます。
子の引き渡しの仮処分申請は、あなたの住所地または相手の住所地に申し立てれば結構です。相手に来させればよいのです。
相手が「連れ去 り」ができるように、あなたも連れ戻すことはできます。所在が分かっていれば、母親の目から離れた隙につれてきても構いません。
今後復縁、離婚どちらに進んでいくかわかりませんが、話し合いをするに当たっては、調停を利用するのがよいと思われます。調停委員を介した間接的な話し合いですので、言い合いになることはありません。
ただ、お子さんの養育環境も調査されます。果たしてどちらが適しているか、そして現在子供がすんでいる方が有利となります。子供の連れ戻しは、親権をとる上で、重要なファクターになります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

その後、警察から連絡があり孫娘達と三人でシェルターに入っているとのことです。


住民票も移動されていました。移動先は不明です。


DVについては警察から、息子と嫁の喧嘩の録音テープと嫁の精神的な被害を受けたという医師の診断書があったのでDVと認定したという説明があったそうです。ですから直接的な暴力でなくてもDVと認定されてしまいます。


警察からはシェルターに入っている間は、訴訟も・調停も何も出来ないと言われています。2週間くらいで出てくるそうですが、洗脳されているので、嫁に会いに行っても警察を呼ばれてしまい、ストーカーとしてでっち上げられてしまう事が多いそうです。


孫娘二人を取り返す方法はありませんか?


調停でも訴訟でも争ったら8割から9割方は母親に親権を取られてしまうそうですが、どのようにすれば少しでも有利に親権を取れるのかという方法を教えて下さい。


2週間後までにどのような準備をすればよいでしょうか?


こんなに安い料金で再質問するのは恐縮です。





専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
ご返信いただき、ありがとうございます。
「保護命令」が出ているのですね。保護命令は警察ではなく、家庭裁判所の裁判官が判断 を下しています。なのでそれに対する「抗告」をすることができます。保護命令は保護の必要が継続していると判断されれば延長されます。ただ、抗告で判断が覆るとは必ずしもいえません。
住民票は、附票をとれば、異動先は分かると思います。ただ保護命令が出ている以上、会いに行くことや、手紙を出すなどはできません。
保護命令中でも、調停申し立て、裁判は可能であると思います。警察も民事不介入の姿勢ですので、曖昧な返答しかしないと思います。詳細は管轄の家庭裁判所に聞いてください。
子供の件は、一緒に生活を共にしていない以上、非常に不利です。
基本的に離婚は調停前置主義となっております。調停の申し立てができないかお尋ねの上申し立て、まずは相手を交渉のテーブルに就かせましょう。
dai60962000, 行政書士
満足したユーザー: 481
経験: 市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

インターネットで調べたら、「退去命令」という措置があるようです。


2週間後にシェルターから出てきた後で、嫁の側から裁判所に退去命令を要請して出されてしまうとと、息子は家には入れなくなってしまうことを恐れています。


車・預金通帳・家の不動産関係の書類などを今のうちに保全しておかないと全部嫁のものになってしまい、勝手に売り払われてしまうのではないかと心配しています。


事前に他の場所に移動するなどの対処をすることには問題ありませんか?


退去命令に法的に反論するにはどのような方法があるのでしょうか?


 

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

確かに「退去命令」というものがあります。裁判所から退去命令が発令されると、DVをしていた配偶者は、同居する住居から2か月間出ていくことが命じられ、期間中はその住居の付近をうろつくことを禁止されることになります。

しかし、財産を処分しようとしても、婚姻期間中に蓄財したものは夫婦の共有財産ですので、一方的に処分することはできません。ましてや別居や調停実施中に処分することは背任で、損害賠償請求の対象になります。調停委員もそのようなことはさせないようにするでしょう。

大抵、妻のほうが家を出て別居するケースが多いですが、出ていかなければならなくなった場合、息子さんは、御自身名義のの預金通帳、権利証、自動車と車検証を等、重量書類を持ち出しておいたほうが無難です。

なお、ご主人名義のものを、妻が代理で処分することは、委任状が無い限り基本的には無理です。

退去命令が出た場合に反論するには、「即時抗告」という手段をとることになります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

数日前に嫁の携帯の電源が入りましたが、すぐ切れてその翌日に携帯の契約を解除したそうです。携帯には一切連絡が出来なくなりました。


そのため、やむを得ず実家と相手の父親に電話をするのですが一切でないそうです。


現住所は分かりませんが、住民票からは抜かれていますが、戸籍の付票には住所変更の記載がありません。そうすると住所が不明で連れ去りの原状回復請求が出来ないようです。


このまま、孫を連れ去って半年、1年と同居の既成事実を積み上げ、調停や離婚訴訟に訴えられるとこちらは相当不利な状況になってしまいそうです。


そうなると離婚・養育費・高額なDV慰謝料などを請求される可能性があります。当方としてはどのような対応が考えられますでしょうか?


何回も恐縮ですが、ご教授いただければ幸いです。


 

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

附票に異動先の記載が無いのはよくわかりません。

 

「既成事実」を何とかしようと思っても、所在が分からなければ、対処は難しいでしょう。探偵等に頼むのも一つの手段です。

あとは相手は生活に困ってくれば、何等かのアクションを起こしてくるものと思います。それを待つしかないでしょう。

精神的なDVについてですが、裁判等になった時、「口論」であるのか「一夫的な誹謗中傷」なのか又はその程度について争うことになるでしょう。ただ、その証拠は相手しか持っていないわけですから、やはり相手が行動を起こすのを待つしかない、としか現段階では言えません。

質問者: 返答済み 3 年 前.


附票に移動先の記載がないのは、同一住所に住民票を新たに作ったのではないかと思われます。(1つ住民票を2つに分けた?)


 


探偵事務所にも料金を聞きましたが、


愛知県内のシェルターを探すだけでも100万円単位のお金が掛かるかも知れないし、シェルターが分かっても、手出しが出来ない可能性が高い。


実家を見張ることも考えられるが、住民票を移動していないなら、実家に戻っている可能性も低いと言われました。


 


相手の家庭は裕福らしいので生活に困らないと思います。


 


不倫で家庭を壊し、DVという冤罪で息子から子供を奪い、慰謝料まで取ろうとする相手に日本の法律では何も出来ないのでしょうか?


全くひどい話です。


愚痴になってしまい申し訳ありません。

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

不倫という新しい事実が出てきたので、申し訳ありませんがここで対応を終わらせていただきます。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

一つのご相談の中で、一度プラスの評価をされた場合は

同じ質問の中では、もう専門家に報酬額は支払われないので

新たなご質問を投稿されると、専門家の回答が可能になります。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    838
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    310
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    210
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問