JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

離婚調停で9月24日に、家裁へ出向きます。 最低限の和解金支払いで、今はもう、離婚しようと思っています。 妻

解決済みの質問:

離婚調停で9月24日に、家裁へ出向きます。
最低限の和解金支払いで、今はもう、離婚しようと思っています。

妻からの訴えは、性格の不一致と、女性問題となっていました。
性格の不一致は、認めますが、女性問題は、海外駐在時のことをさしていると思います、
フランス人の部下で、本当に、肉体関係はなかったが、女房には、信じてもらえなかった。
今も、付き合っているわけではなく、断じて、女性関係には各当しないと考えています。

子供は二人とも成人です。女房に、心配させたこと、信じてもらうこと、落ち着かせるために、
持ち家を女房の名義に書き換えてあげた4月23日の当日に、離婚宣言を、制止した のに
義理の両親にされ、家も出ていくように言われて、時間をおいて、冷静になってもらおうと
5月18日からアパート住まいです。

以前、安心してもらうため、落ち着いてもらうために、離婚する時には、すべての所有する財産を
譲渡すると、紙に書きましたが、こんな事になるとは、思っていなかったので残念です。

離婚を考え直す気は無いのかをメールで、訪ねても、もはや、金の事ばかりで、会ってくれず、
2月から、危篤状態で有った、私の九州の母(6月逝去)の事も知っていながら、お金の請求だけしてくる女房がだんだん、うっとおしく、少しづつ、嫌悪感が募ってきました、二人では、話し合い、協議できないと考えざるを得ず、女房へ、家裁へ訴えることを提案しました。

私も、母が倒れてから、介護・見舞と逝去、葬式、49日の法要、初盆と、8回帰省を続ける中で、
離婚には応じられないとの気持ちも有りましたが、精神的に疲れ、これ以上は、もう、いいと考えるようになりました。女房に、提訴され、法的に最低限の条件で別れた方がお互いに良いと、自分にも良いと、そう念じて気持ちに、やっと整理つけました。

可愛さ余って・・・・になる前に、そうしたい。4月24日に向けて、準備することを教えてくださいませんか。裁判所からの調書は提出しました。
よろしくお願います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。


大変な状況ですね。

家庭裁判所での調停の前に準備することは、調停委員にどんなことを訴えるかということで、必要な書面などはその都度、調停委員から言われますので特に準備す る必要はありません。

さて、離婚に際して質問者様は和解金を支払う必要があるとお考えのようですが、お話を聞く限りはその必要はありません。
相手は女性問題で慰謝料を請求しようと考えているようですが、質問者様は「肉体関係はなかった」と正直に主張すればいいのです。相手がその証拠を示すことができなければ、不貞行為が認められることはなく慰謝料の発生もあいrません。

また、離婚に際しては財産分与をする必要があります。結婚してから築いた財産は夫婦の共有財産ですので、それを原則として半分ずつすることになります。
「離婚する際にはすべての財産を譲渡する」という書面があることは多少不利になるかもしてませんが、相手を落ち着かせるために書いたもので本心ではない、ということを調停委員に主張して下さい。また、持ち家の名義を相手にしてあげたのだから財産分与としては十分なはずだ、ということも主張しましょう。
そうすることで、質問者様がこれ以上財産を取られずに離婚できる可能性が高まります。

以上の点をしっかり主張できるようにしておけば、調停における準備としては十分かと思います。あとは調停委員が聞きたい点や、持ってきてほしい書面などを指定してきますのでそれに応じればいいでしょう。


質問者: 返答済み 4 年 前.

2つ質問です。


1.女房が稼いだお金も、共有財産ですか。


浪費家のため貯蓄してることは、殆ど期待できませんが。


2.この間の、退職金や年金も共有財産ですか。


 


よろしくお願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
1、共有財産です。婚姻期間中に稼いだお金は、夫と妻どちらも共有財産となります。

2、退職金も共有財産となってしまいます。ただ、まだ会社に勤めていて退職金をもらってい ない場合は、今もらったとしたらいくらになるかを計算して、その退職金を分与することになります。

年金については、結婚している期間に支払った保険料は夫婦が共同で納めたものとみなして、将来の年金額を計算されます。

離婚した場合にどの程度の年金がそれぞれもらえるかは、複雑な計算となりますので年金についての相談窓口に相談されることをお勧めします。また今現在年金を受け取っている場合にも年金事務所での手続きをしなければ年金分割制度をりようすることができません。したがって、その場合も年金事務所に行って相談した方がいいでしょう。

なお、年金の分割割合について話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所の調停を申し立てることができます。

参考:裁判所 年金分割調停 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_17/
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問