JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 498
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

当方38夫、妻37、長男2歳9か月、次男1歳3か月の4人家族です。 妻が今年の1月からパチンコ店併設の託児所へ子供

解決済みの質問:

当方38夫、妻37、長男2歳9か月、次男1歳3か月の4人家族です。
妻が今年の1月からパチンコ店併設の託児所へ子供たちを預け、月平均10日~15日間、預けている時間帯は午後~夜8時まで、生活費も使いながらパチンコ店にて遊技。子供たちは当時、長男が2歳1ヶ月、次男が 7ヶ月の頃です。

その様なことが分かったのは6月27日でした、夜20時頃、パチンコの調子が良いから託児所が閉まる前に子供たちを迎えに来てほしいとの電話から、仕事中ではあったものの、迎えに行ったことで私は分かりました。

その後もパチンコをやっていないとウソを重ね、7月18日夜21時に些細な喧嘩から発展的に失踪。以前も3日失踪され、今回で2度目。結果21時からパチンコ屋にて発見したものの、そのまま失踪し朝帰りであった。

私は子供たちを連れ私の実家へ避難し、妻は自身の実家へ身を寄せ、義母とは電話で5回、妻本人とは3回話し合いをしたが、今後の生活についての意思などが不明確のままの状況です。そして、別居が始まってから今日に至るまで、56日間の別居状態が続いております。

私は子供たちと一緒に暮し、妻と別の人生をという事で協議離婚を申し出たが、家族修復で家裁に申し立てしたとの返答。

私の協議離婚への最大理由は、妻の子供に対する健全育成と命の尊さ(子供たちが病気中で薬の処方を受けている間でも預けられパチンコ遊技していたため)を守るべくの考え抜いた結果なのですが、専門家の方の意見は如何なものでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

パチンコ店に入りびたり、子供を託児所に預けておられるようですから、育児放棄とまでは言えないかもしれませんが、病気の時は預けられないでしょう。

また重度なるギャンブルは「散財」となり、離婚の「理由」となり得ます。

あなたは協議離婚をを申し出たが、妻が家裁へ申し立てたというのは、夫婦円満調停のことなのでしょうか。その調停にあなたは参加されたということでしょうか。

調停に参加されるなら、「散財」「育児放棄」を主張して、「調停不調」として「離婚調停」を提起するなり、調停委員によってはそのまま離婚の方向に話を進めていく場合もあります。

ただ調停の場合、おそらく離婚について、調停委員は容認の方向で話し合いを進めていくと思われますが、子供(特に生後間もない子)の親権については予断の許さないことになります。「育児放棄」であることをしっかり調停委員に説明する必要があります。

養育権はよほどの理由がない限り母親になってしまいます。「調停不調」として裁判になった場合でも同じです。「育児放棄」がはっきりしている証拠、あなたに十分養育できる環境があること(ご両親も同居や応援などでしっかり養育できることなど)等を主張することが必要です。

子供の養育権を絶対あなたに、ということであれば、「離婚協議書」のほうが確実かもしれません。妻を説得すればよいのですから。

争いのある場合、行政書士は「交渉」ができませんので、弁護士に依頼して交渉させましょう。

頑張ってください。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問