JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

不倫を赤裸々に綴ったメールを不倫相手の夫が持っていることが分かりました。 私の弁護士に相談したところ、立証力がある

質問者の質問

不倫を赤裸々に綴ったメールを不倫相手の夫が持っていることが分かりました。
私の弁護士に相談したところ、立証力があるとのことでした。裁判所がどう判断するかは分からないとのことでしたが。

現在、不倫相手の女性は、離婚調停を申し立てて、10月に第1回が始まります。
私には、不倫相手の夫から、提訴するとの回答文が弁護士から届いている状態です。

今後の成り行きについて、教えてください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

お問い合わせいただきありがとうございます。

メールの内容はあなたと女性の物でよろしいでしょうか。

まず調停についてですが、相手夫婦の話し合いがまとまれば離婚となります。ただ、女性が有責配偶者であるため、調停不調となった場合、審判の方向性は不明確です。婚姻生活が破たんに陥っていれば、離婚容認の審判がなされることがありますが、予断の許さないところです。

一方、あなたは相手夫婦の夫にとって、夫婦生活を破たんさせた、夫婦間の性的独占を乱したということで慰謝料請求を受けることがあります。通知を受けているということであれば、近々訴状が届くかもしれません。金額は100~500万円程度と予想されます。

出廷して反論しないと相手の請求通りの判決が出てしまいます。不倫の事実を否定するのか、期間について争うのかなど対処すべき方法を考えなければなりません。

弁護士に依頼して対応を検討することが必要になるでしょう。

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。


相手の女性も私もすでに弁護士に依頼済で、私も方もいつ訴状が届いても良いように臨戦態勢です。


相手の夫が私に慰謝料請求権があるように、私の妻にも相手の女性への請求権があるはずです。妻は、タイミングを見計らって、権利を行使すると言っています。


このような状況ですが、何か良いアドバイスはありますでしょうか?

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

ご返信いただきありがとうございます。

あなたたち夫婦の今後の関係は別としますと、おっしゃる通りあなたの妻には「精神的苦痛を受けた」ということで慰謝料を請求できることになります。

ただし相手と同じように証拠を集めることが必要です。

また、裁判のしあいになり、上訴することなどもあって長期化することも予想されます。

それを短期間で解決するため、双方の弁護士同士の話し合いによって慰謝料を相殺し「解決するという方法もあります。

裁判は「泥仕合」になることもありますので、「交渉」で何とかなればよいのではないでしょうか。

裁判所も和解案を提示することもあります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

妻は、すべての真実を知っています。


しかし、不倫相手の女性をかばって、真実を公にしません。


妻は、「不倫はなかった」として、口をつぐんでいます。


その妻の対応に、相手の女性は、心から悪いと思い、


裁判をせず、自主的に慰謝料を払うと言っています。


 


しかし、その女性の夫は、二人で建てた家のローンや慰謝料が欲しいらしく、


私に内容証明郵便で慰謝料を払えと言い、自分の妻が申し立てた調停を受けると言っています。


つまり、関係者が4人いる中で、納得していないのは、相手の女性の夫だけということになのます。


 


何か良いアドバイスをお願いいたします。

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

ご返信いただき、ありがとうございます。

相手(夫)が調停を受けるというのは、よい方向性かもしれません。あくまで話し合いの場ですし、間に調停委員も介在しています。

「片方から請求しているのに、なぜあなた(あなたの妻)は反対に請求しないの」ということについて、理由を聞いたうえでアドバイスをくれるかもしれません。

また、調停にあなたが同席すれば調停委員に妻を説得できるようお願いができます。

相手の妻が自主的に慰謝料を支払う意思を基に、相殺する案を調停委員にまとめてもらってはいかがでしょうか。

慰謝料は数百万のお金になります。相殺で痛み分けにすれば、金銭的な痛手を防ぐことができますし、長期間の裁判の必要もなくなり、精神的な疲労も少なくて済みます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

アドバイスありがとうございます。


仮に、相手の夫が私を相手に訴訟を起こしたら、受けるしかないですね。


調停に専念してくれればよいのですが・・・。


 


すでに私は弁護士を依頼し、訴訟に備えています。

質問者: 返答済み 3 年 前.

相手の夫は、調停を受けましたが、予定通り、私にも訴訟して来ますか?

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
相手が調停で納得できる解決案ができればよいのですが、その部分はあなたたちの「譲歩」に比例すると思われます。
裁判と異なり、調停は条件を小出しにできます。少しず譲歩していって、相手との合意点を見いだしましょう。その手伝いは調停委員がしてくれるはずです。調停委員は相手の譲歩も引き出してくれます。
調停をうまく利用しましょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

訴訟の際、私の職場の同僚、上司などを相手方が証人申請することはありますか?


その際、名誉棄損で逆提訴できますか?


 

専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

返信いただき、ありがとうございます。

あなたの職場の方を証人申請、とは不倫の事実関係を社内に知られているということでしょうか。

証人申請したとしても、その方がそれを受けるかどうかわかりません。

また書面での証言ということになり、出頭なんてこと応じるでしょうか。

ただ証人申請は、正当な訴訟手続きですので、名誉棄損には当たらないでしょう。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問