JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

はじめまして。子供の親権について質問させてください。 私には4歳になる男の子がおりますが、この度母親と別居を考えて

解決済みの質問:

はじめまして。子供の親権について質問させてください。
私には4歳になる男の子がおりま すが、この度母親と別居を考えております。
母親は、子供と暮らせるのであれば、今後慰藉料等の請求もしないし、定期的な面会も承諾する旨の話を私にします。問題は子供が2年4か月前に保育園へ入園したのですが、それ以降、家事(掃除、洗濯、食事の準備、後片付け)保育園の送り迎い、お風呂全てを父親の私がやってきました。
おかげさまで、子供は私の事が大好きで、逆に母親に対して、ママは嫌い、と言う有様です。今も私と夜は一緒に眠っていますし、保育園へ行くのもパパが良いと言って、ママの送迎を拒否しております。
この様な状況でも、男性は子供の親権がとれないのでしょうか?
是非、お教え下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

確認させてください。

そもそも、奥様は親権を争う態度を見せそうですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速のご対応ありがとうございます。


先にも書きましたが、子供さえ居れば良いようですので、ご試問の答えは「はい」だと思います。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そうですよね。

もう少し教えてください。

・離婚を考えている理由は何でしょうか。

・奥様は仕事をしていますか。
質問者: 返答済み 4 年 前.


私には前妻がおりました。胃がんの為死去後、現在の妻と夫婦になりました。


前妻の子供が2人おりまして、初めは良い関係でしたが、妻の言動等気に入らぬ点が多くなり、一人は妻の装飾品等を勝手に売り払い家出。もう一人は大学へ行くのを口実に、やはり出て行きました。(上の悪事を働いた娘は、現在月1万円づつ返済して約2年になります)


又、両親とも同居しておりましたが、結婚当年に父親が死亡。母親ともいろいろいざこざが有り、母親は非難と言う形で施設に入居いたしました。


その後、娘の悪行を毎日のように罵られていたのですが、母親が家を出て間もなく、夕食事中又口論となった際、激高した妻は 、お酒を飲んでいたにもかかわらず、家を出ようと車のエンジンをかけました。子供を連れていこうとした為、子供を守る目的で奪え返すと私が部屋に立てこもりました。ドアを蹴り叩いたりした為、ドアが壊れたことで、我慢していた私が怒り、妻を殴りました。妻は警察を呼び、私は上記内容を警察に説明し調書を取られました。その翌日に帰宅してから、私が行った暴力については謝罪し、今後はその様なことがないよう努力し、謝罪を繰り返していました。


その後、妻が務めるようになり、先程記入の通り帰りが遅い為、家事一切を私がやることになりました。私も段々不満がたまり、怒りっぽくなっていった自覚はありますが、今年の6月、母親が施設から戻ることになりました。


あれから2年もたっているから、妻との関係は大丈夫と思っておりましたが、今月に入り衝突しました。母に対し「認知症だから」とか「おばあちゃんまだ死ぬの怖いんだね」などと言われ怒ったようです。その時、私が何て事を言うんだと詰め寄り体に触れた為、又暴力を振るったと言われので、子供を連れて部屋に引きこもっているとやって来て、あなたは暴力を振るうし暴言もはいて私を苦しめている旨を言われました。


 


妻は今月末で会社を退職するそうです。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
わかりました。

親権についてですが、やはり厳しい戦いになると言わざるを得ません。

ご存じのとおり、基本的には母親に親権が与えられるという実情があります。

質問者様に有利な点としては、
・相手は退職するため、経済的に優位になる
・子どもは質問者様に懐いている
・家事をこなしている
というところです。

逆に不利な点としては、
・奥様に暴力を振るったことがある
・子どもが懐いているとはいえ、まだまだ小さく、意思を尊重されるほどの年齢と言えない。
・母親有利という社会の流れ
というところです。

数から言うと五分五分ですが、例外的に父親という実情を覆す必要がある点で難しいのです。

さらに、今後の動きも重要です。

例えば、相手が仕事を見つけ、安定した収入を得られるようになると、質問者様は不利になります。
逆に、質問者様とお子さんが一緒に暮らし始めたりすると、その期間が長くなるほど有利になります。

このように、事態はまだまだ動き得るのです。
ポイントとしては、お子さんとの生活歴を長くすることと言えますが、別居が難しければ早く調停を申し立てた方がいいでしょう。
また、卑怯なようですが、お子さんには「お父さんがいい。」と言うように、指示しておいてください。よくある話なのですが、実際に争いになると、争う側が物をたくさん買え与えたりするようになります。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問