JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP
71156846
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

【大至急】調停離婚の申立書の種類について 初めまして。 離婚前ではありますが、夫からの離婚申出には承諾。 離婚

解決済みの質問:

【大至急】調停離婚の申立書の種類について
初めまして。
離婚前ではありますが、夫からの離婚申出には承諾。
離婚承諾の代わりに慰謝料(解決金)でお互い譲らないため調停離婚を申請します。
あとは慰謝料(解決金)には未払の婚姻費、財産分与を含んだ金額を提示します。
申立書は慰謝料請求調停の申立書と夫婦関係調整の申立書どちらの申立書を提出した方が良いですか。慰 謝料請求調停の場合、不成立だと審判はなく、訴訟になるが明確な慰謝料請求の理由のないときは不利になると聞いた事があります。(今回、性格の不一致による相手方からの一方的離婚の申出による慰謝料(解決金)請求のため。)
また、同時に婚姻費分担請求も申請しようと思うのですが、申請は1件につき1通の戸籍謄本が必要でしょうか。それとも、慰謝料請求調停や夫婦関係調整(離婚)の時に婚姻費を含めて話せば良いでしょうか。
できれば、早急にお返事いただければと思います。よろしくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
弁護士です。
よろしくお願いいたします。

慰謝料の理由が、婚姻の破綻(離婚)に関するものであれば、

夫婦関係調整一本で申し立ててかまいません。
その中で、
婚姻費用分担
慰謝料
財産分与
の各事項について話し合えばよいです。

かりに分断して申し立てても、当事者が一緒でかつ紛争の基礎となる事実関係が同一である、同じ調停員がついて、同じ期日が指定されます。

もし、途中で、請求ごとに調停を分け る必要が出てきたら、裁判所から、別途調停を申し立てて下さいと、アドバイスがあります。そのときは、別途申し立てれば良いです。
別途申立からといって、今までの調停の話しを活かさず最初からやるわけではなく、結局手続き的に別になるだけで、同じ調停委員と審判がつきます。

なお、多くの離婚紛争の場合、
慰謝料、財産分与について合意できない場合、離婚だけを先行させることは少ないです。
たとえば、先に協議離婚や調停での離婚が成立して、残りの慰謝料だけを調停にしたり、訴訟にすることは少ないです。

慰謝料や財産分与自体について合意できない場合には、離婚にも合意しない人が多いからです。

ただ、紛争をどのように分断するかは、相手方の応対によります。
離婚だけサインするよ、調停で合意するよ、あとは訴訟でやろう、と言っているような場合もあり得るからです。

しかし、まだ相手がどのような態度で紛争に臨んでくるかわからない段階ですから、まずは、離婚も含めて、全部を一本の調停で申し立てていいです。

以上の様に、複数の調停を申し立てる必要性がないので、戸籍謄本等を複数用意する必要はありません。

仮に、別々に申し立てても、同時に申立てした場合、謄本を別々に用意しなくても大丈夫です。

なお、慰謝料だけ分けて調停したから不利とか有利とかありません。
調停であろうが、訴訟であろうが、相手が争えば、最終的には、確りした証拠に基づいて慰謝料の理由となる相手方の不法行為の事実や損害を立証する必要があります。

調停手続は、裁判所が仲介に入り、話し合いを促進する手続で、最終的には、当事者の合意がないと成立しません。

このように話し合いがベースなので、第三者である裁判官が白黒つける訴訟と異なり、厳密に証拠で立証する必要はありませんが、実際、相手に納得させて合意にこぎ着けるには、それなりに理由が必要でしょうし、調停委員も、この事案で慰謝料が認められるかどうかはある程度予想がつきますから、慰謝料を認めさせる合意をとりたいなら、ある程度の証拠の提出が必要となるのが実際です。

以上ご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問