JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚後子供たちと、年に。。一度しか、合わせて、もらえず相手は、私の妹と甥も、同じく私に、無いしよで。。。。。あわせて

解決済みの質問:

離婚後子供たちと、年に。。一度しか、合わせて、もらえず相手は、私の妹と甥も、同じく私に、無いしよで。。。。。あわせているとのことで、。。。どうしたら良いのか。。面接権は あるのです
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、少し不明の部分もあるのですが、ご相談者様だけが離婚して

相手の配偶者のところにいるお子様と1回しか会せてもらってないが

どう言う訳か、ご相談者様の妹様や甥様には内緒で会せていると言うことでしょうか?

基本的に、離婚後に、夫婦の関係は終わっても、親子の関係は終わりません。

面会交流は、家庭裁判所の調停になれば、最低でも月1回は会せるように指導されます。

例えば、相手が再婚などして、新しい養育者に慣らせるために、別れた親と

会せないと言うのは良くありますが、それは正当な理由とは言えません。

正当な理由がなく、面会交流を拒否すれば、慰謝料の請求が可能です。

今までの判例では、500万円の慰謝料が認めれたこともございます。

そう言う意味では、まずは、内容証明で、面会交流の実施を要請して

会せないのであれば慰謝料を請求するなどの主張をされることです。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

良いでしょう。

応じない場合は、家庭裁判所の調停を申立てることになります。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問