JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

結婚10年目になりますが、結婚当初から怒ると物を壊すなどすることがたまにありました。最近、仕事が大変なのか、すぐ怒る

質問者の質問

結婚10年目になりますが、結婚当初から怒ると物を壊すなどすることがたまにありました。最近、仕事が大変なのか、すぐ怒ることが多くなり、数日前も子どもをひどく怒り、自分の携帯電話を基盤が外れるほど叩きつけました。今までも怒るとコップを壁になげつけて割ったり、自分の拳を傷つけたりなど、わたしも子どもも見てきました。でも、もう子どもの為には離婚するしかないのかなと思うようになりました。今までなんとかやり直せないかと頑張ってきたのですが…
やはり決断するしかないのでしょうか??
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

決断するのはご本人でして、法律的な観点での問題ではないようです。

とはいえ、自分で決断するのは、難しいですよね。

当職は、カウンセリングも行っていますので、一般論をご提示させていただきます。

一般的には、離婚にはエネルギーがいりますし、離婚の後のほうがつらい場合もあるといわれています。

そのことを覚悟したうえで、一般的には、

①経済面

②精神面

③環境面

を基準に判断すべきといわれています。

①離婚したあと、生活にかかる費用は工面できるか

②前向きに考えられる精神状況にあるか

③助けてくれる家族・親族・専門家が身近にいるかどうか

このようなことです。

一般的にはもちろん離婚はしないほうが良いですが、

上記基準を満たし、かつ、もう限界とご相談者様が考えておられる場合は、

決断してもよいかもしれません。

ただ、当職は離婚を推奨するものではありません。

慎重に考えてくださいね。

参考になりましたら、プラス評価をお願いいたします。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問