JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dai60962000に今すぐ質問する

dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 457
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

離婚した妻の所に居た子供(二人)が虐待を受けて逃げてきました。 そこで下記に関する相談です… •慰謝料は請求出来ますか?

質問者の質問

離婚した妻の所に居た子供(二人)が虐待を受けて逃げてきました。
そこで下記に関する相談です…
•慰謝料は請求出来ますか? 出来るとすればどの程度でしょうか?
•子供が、警察に行って被害届けを出すと言ってますが、可能でしょうか?
•養育費は請求出来るのでしょうか? 算出表程度ですかね?
•子供達の為に残していたマンションを売却予定ですが、財産分与はどんな比率になるのでしょうか?

三年前に離婚。その後、一年で長男が虐待を受け此方に来、残っている長女に虐待をしない様に誓約書を書かせました。 ですが、最近になって長女も虐待を受けてしまい、此方に来ました。 二人とも中学生であり、部屋をリフォーム、家具、家電を揃え、新しい学校の制服、体操着等緊急で揃えなければならず、正直お金が厳しいです。

お知恵をお借りしたく思います。
宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

一人のお子様が戻ってこられたとき、二度と虐待をしないという「誓約書」をかかせて子供さんを元妻のもとに帰した、ということでしょうか。そして再び今度は二人で逃げてきたということでしょうか。

相談箇所は各県にある「配偶者暴力支援センター」になります。警察に相談すると、おそらくここを紹介されることとなると思います。

妻の住所の管轄の警察署に「被害届」を提出することは可能です。被害届はおそらく警察は受理するでしょう。告訴状を提出し、処罰を求めるという方法もありますが、親子間の事であり、あまり現実的ではありませんし、弁護士で ないとなかなか受理してもらえません。なので被害届をもとにセンターに相談したうえで、「保護命令」を家庭裁判所に申し立てましょう。保護命令が申し立てられれば、元妻から子供達への接近を含むコンタクトの多くを禁止することができます。そして「親権者変更の申し立て」を家庭裁判所申し立て、審判を判断を仰ぐことにしましょう。中学生であれば、本人達の意見も採りいれられることになるのが一般的です。

続きまして、質問事項についての回答ですが、慰謝料請求は難しいでしょう。「慰謝料」暴力被害を受けたのは子供達、あなたではありません。母親から扶養の子供達への金銭の移動はあり得ません。

養育費は、あなたが親権(養育権)を取得して初めて発生します。それまでの費用負担については、元妻に立て替え費用として請求することになります。養育費の費用は、双方の合意に従えばよいのですが、争いになった場合、家庭裁判所の算出表が目安になるでしょう。

マンションは離婚の際、財産分与されなかったということでしょうか。それであれば、売却を選択されるなら、売却益を等分することが当然であり、元妻が取得するのであれば価値相当の半分の支払いを求めることができます。マンションを取得するのであれば、その逆になります。

おそらくまずは、子供の引き渡しが問題になるでしょう。長い争いになるかと思いますが、頑張ってください。

 

dai60962000, 行政書士
満足したユーザー: 457
経験: 市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
御回答ありがとう御座います。
虐待された子供の一人を二年前に実家で保護し、本人の意思も有りそのまま実家で暮らす事になりました。 その際に、前妻に残る長女に対して虐待をしない様に誓約書を書かせました。

被害届に関しては、御回答頂いた内容を参考にアクションしてみます。

慰謝料は厳しいのですね… お金が欲しい訳ではなく、子供が納得いっておらず、こちらの負担を少しでも軽減する為に考えている様です。

マンションは、離婚の際に財産分与し、養育費と相殺する形で先方に譲渡しています。 子供達の住み慣れたマンションだった事もあり、将来子供達の財産として受け継がれる事を前提に売却せず、養育費との相殺を選びました。今回の様な事が発生した為に前提が崩れたという訳です。

子供の引き渡しは先日終了し、子供達の荷物も全て私の実家に引っ越し致しました。 この時にかかる費用は全額先方に負担して貰いました。

上記の状況を踏まえ、もう少しコメントを頂けると助かります。
宜しくお願い致します。
専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.

返信いただき、ありがとうございます。

下のお子様は現在、あなたの実家でお過ごしということのようですね。養育権の変更はされましたか。2名のお子様の「養育費の相殺」でマンションを引き渡したということですから(離婚協議書や調停調書は残っていますか)、養育権を取得すれば養育費請求ができることになります。上のお子様に心配がないようでしたら、親権変更の調停を申し立ててみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 3 年 前.
返答ありがとう御座います。
すみません! もう少しお付き合い下さい。

現在、先方に弁護士が付いており親権、養育費、財産分与に関しての見解回答待ちです。 先方が先週末には回答するとの事でしたが、未だ回答無しです。 催促と共に、先ずは親権剥奪を先行すべく申し立てに必要な戸籍謄本を請求しましたが、数日欲しいとだけ連絡が来てほぼ無反応です。

この現状を打破しするのにはどうすれば一番良いのでしょうか…。
子供達の戸籍謄本を入手し、親権変更の申し立てを私が進めても問題は無いのでしょうか?

あと、財産分与に関しては、公正証書にした時に養育費と相殺して減額するとは書いていません。(公正証書を書く担当が書けないと言いました)
最悪、マンションの財産分与は行われないと言う事も有り得るのですかね?? 此方の理想は、子供達の分を入れて3/4を此方に勝ち取る事です。 ただ半分にすると言われても納得行きませんね。

此方としては、早く親権を剥奪して名前を変えてあげたいです。そして、先方に流れている諸手当のお金を止め、実際に面倒をみている此方に回したいです。親権剥奪→財産分与→養育費獲得の順で早期に進めたいです。

最後に、此方からプレッシャーをかけれる方法が御座いましたら教えて下さいませ。

宜しくお願い致します。




専門家:  dai60962000 返答済み 3 年 前.
返信いただき増した内容について回答させていただきます。
離婚後の親権者 の変更は,必ず家庭裁判所の調停・審判によって行う必要があります。調停手続を利用する場合には,親権者変更調停事件として申し立てます。調停であれば弁護士の必要もありません。調停の中で合わせて養育費のことも話し合いましょう。
財産分与ですが、養育費の件はどのように離婚協議書にかかれているか分かりませんが、マンションの所有を元妻にすることに合意している訳ですし、書面には無いにしろ「相殺」をお互い合意しているのですがら、争っても難しいでしょう。
また、財産分与は子供の分は勘案しませんので、基本的に2分の1となります。
とにかく子供のためにも、親権変更の実現を優先しましょう。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    305
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問