JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 846
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

突然の質問で失礼致します。33歳、会社員男性です。  養育費に関する質問です。子供は11歳の男の子です。

質問者の質問

突然の質問で失礼致します。33歳、会社員男性です。

 養育費に関する質問です。子供は11歳の男の子です。

 平成18年の5月に協議離婚を致しました。離婚理由は、私の負債と、それに伴う元妻の精神疾患です。親権については話し合いもなく、向こうが取ることを半ば強制的に決められました。

 離婚後、約束に反し、500万円の慰謝料請求裁判を起こされ、こちらは 代理人を立てる経済的余裕もなく、自分で対応した結果、300万円の分割払い(月々5万円)という和解に至りました。当時は若干パニックに陥っていたようなところもあり、今考えると、とんでもない金額を支払ったという思いもありますが、慰謝料は先月完済致しました。

 慰謝料を支払っている間に、元妻は死亡(平成21年1月)しました。その際に再度、親権に関する審判を行いましたが、元妻の父親が未成年後見人になるという結末でした。その際、元義父から、私には親の資格はないという趣旨の意見書が出されています。

 私は、離婚後、1度も子供には会っていません。手紙も電話も、進学祝や誕生日のお祝いを贈ったこともありません。離婚成立直後に、元義父母より関わるなと脅されたことが1番の要因です。
 親権変更審判の際に、私と子が父子の関わりを持つことは吝かではないとの意見書記述がありましたが、既に離婚して3年の音信不通状態があったため、そのまま関わることなく過ごしてきました。

 自分自身、子供に対する愛情があるのかないのか分かりません。と言いますのは、慰謝料裁判の時にも陳述したのですが、元妻が子供を妊娠した時期に、浮気をしていたため、100%私の子供なのか、という疑問が常にあるからです。それでも、離婚するまでは、普通に愛情をもって子育てはしていましたが、離婚、慰謝料、親権変更却下ときて、今また養育費の請求調停の準備を進めていますとの通知があり、今後、「たぶん私の子供だろう」という曖昧な感覚で、養育費を支払うことに自分としては疑問があります。

 先日、先方の弁護士事務所から届いた書状では、元妻が亡くなってからは、毎月振り込まれる慰謝料5万円を養育費に充ててきた(それまでは元妻の治療費)ので、今後も養育費として月5万円を請求したい、そのため調停の申し立てをする予定です、とありました。
 私は、慰謝料として支払ってきただけで、養育費を支払ったつもりはありませんし、慰謝料を養育費に充てたというのは、後見人の勝手だと思っています。ですから、単純にスライドして養育費5万円との請求に応じるつもりは毛頭ありません。

 ちなみに、現在の私の税込み年収は365万円です。慰謝料裁判の和解時は、280万円の年収でした。当然、慰謝料を支払っている間、かなりギリギリの生活でしたし、貯蓄もありません。この不景気で、年収は年々徐々に下がっていますし、今まで同様のギリギリの生活をあと10年近く続け、42歳で貯蓄ゼロという将来を迎えたくもありません。子供の権利、福祉のための養育費かもしれませんが、私にも世間並の生活を贈る権利があると信じたいです。

 後見人の年収が不明ですが、仮にゼロとして私の年収だけで養育費算定表を用いたところ、2~3万円と出ました。私は、支払うにしても2万円しか支払いたくありません。本音では、親の資格なしとまで言われ、けれど生物学的に親だから金は出せという申し立て自体が、ふざけているとしか思えないのですが、養育費が子供の権利である以上、ゼロにならないことは分かっています。
 私としては、養育費を払えというなら、先方の負担でDNA鑑定でもして、まず生物学的に親子である証明をしてほしい、話し合うのはそれからだと考えていますが、こういった主張は通るものでしょうか?

 また、養育費に関する調停の申し立てを進めますとの通知の中に、子供が私に会いたがっているので、手紙を書いてあげてほしいとの文面もありました。7年間、1度もそのような話はなく、慰謝料を完済した途端、養育費の話とセットで持ち上がった話ですから、私は、調停を有利に進めるための材料にしたいという戦略にしか思えません。すくなくとも、調停が始まるまでは、手紙を書く等のアクションを起こすつもりはないのですが、これは正しい選択でしょうか?

 非常に長文となり申し訳ありませんが、ご回答いただきたい内容は、
①先方負担でのDNA鑑定の依頼がまかり通るのか
②子供に手紙を書かせるのは先方の戦略なのか、また、アクションは控えるべきか
③調停→審判となる可能性も含め、養育費の金額の落としどころはいくらくらいか
④調停に際し、代理人を依頼するべきか
の概ね4点です。④につきましては、貯蓄もありませんし、地元の弁護士さんにその都度相談をしながら代理人を立てずに臨みたいと考えています。

 長々と申し訳ございませんが、ご回答の程、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問