JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚し養育費の取り決めを 公正証書強制執行有でしました。金額は子供1人10万円(2人分20万円)。私が再婚し夫と養子

解決済みの質問:

離婚し養育費の取り決めを 公正証書強制執行有でし ました。金額は子供1人10万円(2人分20万円)。私が再婚し夫と養子縁組しています。再婚したことで半額の10万円にすると 連絡があり一方的に10万円を毎月支払っていましたが 自営のため景気が悪く支払えないから 毎月6万円にしてほしいと言われ 断ると減額請求すると 連絡がありました。元旦那も再婚し子供はいません。私は子供が4人になりこれから進学等 一番お金がかかります。更なる減額は認めなければいけないのでしょうか。また 今まで10万円の減額分を統制執行できるのでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、公正証書で離婚協議書を作成していますので、相手が未払いなら

強制執行は可能です。ただ、養育費に限っては、財産分与や慰謝料と異なり

要件によって増減可能な債権となっています。

ただ、だからと言って一方的な取り決めではなく

その時点で、協議をして合意がないといけません。

合意が無ければ家庭裁判所の調停で決める必要があります。

 減額要件としては、権利者(ここではご相談者様)の再婚があります。

これは、養子縁組までされていますから、養育者は2人いらないと言う判断で

養育費は、大幅な減額か免除になります。

新しい養育者はそこも加味しての結婚をしないといけません。

いつまでも養育費をもらえることではありません。

また、義務者(ここでは元ご主人様)の再婚も新しい養育すべき配偶者が出来たと言うことで

お子様より少ないですが減額対象となります。

今後、お子様が生まれたりすると、更に減額対象となります。

仮に、調停等になれば、確実にご相談者様が不利になります。

6万円でももらっておいた方が得とも言えます。

離婚理由が何かわかりませんが、慰謝料等で高くもらっておいた方が得だった

可能性はあります。

養育費が2人分で20万円と言うのは、年収的には1千万円を軽く超えた方でしょうから

(算定表だと1200万円以上の人です。)

自分の子供と言うことで、もう少し考慮してもらえないか協議してみても良いでしょう。

強制執行に関しては、未払い分の請求は実務的に難しいかもしれません。

請求した時点からになります。

強制執行を覆すには、訴訟しかありませんが、訴訟になると、減額や免除は

やむなしとなると思われます。

協議で何とかするしかないでしょう。

お子様達に、手紙を元ご主人様に書いてもらうなり、ある意味、泣き落とし的な

ことも効果がある場合もございます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問