JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

2008年にアメリカ人男性と結婚しました。子供はいません。夫の希望で、専業主婦になるために会社を辞めました。しかし、

質問者の質問

2008年にアメリカ人男性と結婚しました。子供はいません。夫の希望で、専業主婦になるために会社を辞めました。しかし、約束した金額の生活費を支払ってくれないので、生活が段々厳しくなったのと、 夫は以前結婚していて、元妻と旅行に行ったり金銭のやりとりがあったことが通帳から発覚し、 あ とはモラルハラスメントもあって2010年に別居に踏み切りました。 最初に2008年9月にバージニア州で入籍し、11月に渋谷区で入籍しました。夫は日本に永住権があり、 私はグリーンカードは申請していません。まず、生活費をきちんと納めてもらうにはどうしたらいいのか、離婚の場合、今までの未納だったものは払って貰えるのか、手取り月収100万くらいの場合、妥当な生活費とはどのくらいなのか、離婚手続きを国をまたいでする方法について教えてください。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  Ryoko-Mod 返答済み 4 年 前.
質問をご投稿いただきありがとうございます。こちらはJustAnswerユーザーサポートです。

残念ながら、ご投稿の質問への回答が現時点ではまだ寄せられていないため、質問の優先順位を上げております。また、質問内容が明瞭かや、ご設定の質問料金が適切かなども再度ご確認ください。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、国際結婚と言うことで、離婚手続きでお迷いがあるかもしれませんが

その前に、婚姻費用の問題をどう解決すべきかアドバイスできればと思います。

婚姻費用は、別居中の生活費ですから算定表で目安が決められています。

月収ではなく、前年度の年収で判断します。お話からですと

年収1500万円近く税込であるでしょうか?

ご相談者様が専業主婦で収入も無く、お子様もいらっしゃらなければ

だいた18万円~20万円月額と言うところでしょうか。

離婚すると、状況は変わりますが、別居中で、お二人とも日本にいらっしゃるなら

家庭裁判所に婚姻費用の調停を申し立てることが可能です。

家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4807
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。少し捕捉させて下さい。


口約束なのですが、夫から結婚を申し込まれた時点で、会社を辞めるよう説得されました。


私は、交換条件で、婚姻費用を含め、収入の半分(税抜き)


を預けるよう説得したところ、OKが出たので婚約しましたが、


結局結婚して2ヶ月しかその約束守られませんでした。


そのため二人の生活の殆どにかかる費用を少ない婚姻費用から


賄うことになり、私は貯金を切り崩したり、最終的にカードの支払いも


出来なくなりました。


私が苦しい生活をする一方、夫は自由にお金を使っていました。


夫の収入は税込2000万税込ですが、法人名義のテクニックを使い


計上では1500以下にしています。


失った私のお金はもう戻らないのでしょうか。


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ここのサイトのシステムとしまして、一度、評価していただいた質問には

再度質問をされる場合は、新しく質問を投稿していただくことになっています。

同じご質問では、回答しても報酬額が専門家に支払われないためです。

今回だけは、サービス致します。

追加のお話から、それをアメリカであればプレナップと言うような婚前契約に

されているのではないでしょうか?それがあればその違反と言うことですね。

違約規定がなかったでしょうか。

とりあえずは、日本での家庭裁判所の調停が良いかもしれません。

ただ、年収の部分はテクニカルに誤魔化しても、税務署ではないので

その点は考慮はされないかもしれません。いわゆる縦割りの行政の弊害です。

仮に離婚になれば、これまでの負担分も財産分与で取り戻せる可能性は

ございます。

まずは調停を申し立てて頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問