JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 500
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

息子のことで、質問します。息子24歳、昨年、別れ話を、交際していた女性に、32歳、話したところ、突然、妊娠してるんだ

解決済みの質問:

息子のことで、質問します。息子24歳、昨年、別れ話を、交際していた女性 に、32歳、話したところ、突然、妊娠してるんだけどと、いわれ、すでに、愛情が、息子には、なかったため、わたしたちに、(親)、相談してきたので、いっしょに、相手宅に、何度も行き、誤り、愛情がないので、おたがいのためには、おろしたほうが、と、お願いしましたが、結婚してくれのいってんばりで、あげくに、迷惑は、かけないから、産みます。と。当然、お金も、受けとってもらえず、あとは、法的に、でますからということとなり、今年、6月に、はいって、家裁から、認知の訴訟が、きました。結婚してないのに、妊娠したのでは、いけないことは、わかっているので、そのような行為のときは、いつも、かかさず、避妊していたそうですが、わかれようか、悩んでいるころから、相手の態度が、あきらかに、ちがってきて、結婚を、ほのめかす言動や、別れでもしたら、自殺するかもとか、とにかく、あせってるようで、かなり、年上の方と、お付き合いしてるとは、おもってましたが、やはり、見解や、話に、相違がみえてきて、ここにきて、結婚、結婚と、迫る相手に、うんざりしてきたところだったんだそうです。相手の態度が、変化したあたりから、行為のときは、相手が、用意したものを、さしだされるように、なったそうです。あまりの、うまいはなしで、息子も、私たちも、ありえないという感じです。また、相手のかたの息子のこどもだといいきる自信も、理解できません。家裁は、6/17,それまでに、なにを、準備したらいいですか?たとえば、口悪く言えば、はめられたとしたら、相手を、法的に、裁けますか?最終てきには、dna鑑定となるでしょうが、こちらから、最初に、申しでると、こちらが、相手方のも、しはらうのですか?おいくらなんですか?鑑定で、黒だと、強制認知ですか?家裁に、負ければ、全額、家裁費用は、負担ですね?おいくらですか?認知したら、相続人と(子)が、なるわけで、争いのもとに、なりますね?そのときに、なって、法的に、相続分を、提示しても、不服なら、はんこを、押さないで、訴訟ですよね?家は、自営で、ふつうのかていより、資産は、多いほうかも、しれません。家も、外からだと、お金が、あるように、誤解されゆような、構えです。相手は、うちを、みてます。息子も、自営を、親といっしょに、してるので、息子事態の収入は、月、15万です。相手は、看護婦です。収入は、十分あると、いってました。あきらかに、遺産ねらいでしょうか?固定資産は、200万近く、はらっています。農家です。だから、当たり前なんです。ですが、他からみたら、お金もちに、みえるかもしれません。当然、土地も、たくさん、あり、国道に、面してるところもあります。売れば、お金に、なるでしょう。でも、それがなければ、生活できません。不服の申し立てを、防ぐ、方法は、ないですか?また、結婚したい相手と、今後、めぐりあったとき、隠し子が、いるなんていえませんが、隠して、わかったら、それもまた、不貞行為ということで、訴訟になれませんか?さきが、みえません。どうしたら、いいのでしょうか?お願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

お問い合わせいただき、ありがとうございます。

男女間の交際は、独身同士ではお互い合意の上で性交渉をしても問題にはなりません。交際中は避妊をするのが適当であり、もししなければ妊娠するということは常識です。

避妊を怠って妊娠し、女性が子供を産むということになれば、婚姻を求めるまたは認知を求めることは当然なことになります。遺産狙いの交際で計画的であったとしても、子供が誕生する以上、父親には養育する義務が発生します。

裁判にするということは、お互いの意見が合わない、つまり女性は男性の子であると主張しているのに、男性側は「私の子ではない」と主張のずれから法廷でその差異を争うことをいいます。

今回の場合、長らく交際していたことから、ほぼ間違いはないでしょう。これを確認するのに、裁 判で行う必要はないと考えます。裁判DNA鑑定を調査機関に依頼し、合致すれば認知する、との合意書を女性側と交渉しておけば裁判費用は省くことができます。ただ今回のケースですと、既に提訴されており、対処するには、弁護士を立てざる負えないでしょう。あとは進め方について、争うのか、DNA鑑定で判断するのか、相手の非を問うのか決めていけば、弁護士がそれに沿った答弁書を用意してくれます。費用は大抵の場合弁護士費用・鑑定費用は折半となります。

ただ、「女性が騙した」として反論したとしても、それを立証することは非常に困難であり、敗訴可能性が高いです。

今回のケース、認知が認められた場合、子が成人するまでは双方の収入に則した養育費を支払うことになりますし、戸籍にも記載されます。隠すことはできませんので、今後ご結婚される場合は相手の女性に事情を話すべきでしょう。

相続案件で戸籍を調べていると、「認知」の文字が出てくることは多々あります。その親は嫡出子たちが大きくなった頃、事情を説明し引き合わせ、「お互いの存在を知った」関係で生活されているケースもあります。たしかに相続分は発生し、遺留分もありますが、遺言書を残す際に対処していくという長い対応になることでしょう。

とにかく、妊娠してしまった事実を受け止め、前向きにことを進めましょう。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答、ありがとうございます。追加質問です。先に、お話したとおり、家裁です。家庭裁判所でも、弁護士を、たてないと、いけないですか?また、息子24歳、相手32歳で、一年たらずの交際です。避妊を、してて、そんな簡単に、妊娠するとは、思えないですが?それなのに、相手の自信が、不可解なんです。


のちのち、認知したら、相続の不服申し立てを、防ぐ、具体的な方法は、ないのですか?すみません。

専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.
ご返信頂き、ありがとうございます。
家裁の場合、調停などでは弁護士なしでも大丈夫ですが、裁判となりますとやはり弁護士が必要といえます。「勝てる弁護士」より身近にいる弁護士を選び、十分打ち合わせをした上で望みましょう。
相続対策ですが、認知した子(非嫡出子)の法廷相続分は、現在の民法では実子の2分の1
です。遺留分はそのまた2分の1です。遺言書で遺留分相当分を分与するようにしておけば、遺留分減殺請求権で提訴されることはなくなります。
つまり防御策は遺言書となります。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問