JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

急ですみません。 大阪府在住の29歳男性です。 性格の不一致を理由とした離婚の話し合いがもつれ…本日23時までに

解決済みの質問:

急ですみません。
大阪府在住の29歳男性です。
性格の不一致を理由とした離婚の話し合いがもつれ…本日23時までに、家内側の要求した提案を飲まなければ、「職場に乗り込んで、あなたの上司にも話す」と脅されています。
どうしたら良いのでしょうか?
日曜日の夜に申し訳ございませんが…助けて下さい。
電話相談させて下さい。
0XXX-XX-XXXX
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。

恐れいりますが、このサイトは電話で直接相談することはできません。

パソコンでのやり取りであれば、アドバイスできますが、それでもよろしいですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

こちらとすれば、向こうの要求を飲むことはできないので…調停も考えています。


ただ、こちらが以前に相談した弁護士は「5対5やから慰謝料も何も発生しない」と言ってくださいましたが、向こうの弁護士は「精神的苦痛による慰謝料は十分取れる」と言っているそうです。


その場合調停をしたら…今以上に支払う金額が多くなるのではないかという不安があります。


そうであるならば…向こうの要求をこの時点で飲んだ方が良いのでは…とも思っています。


時間が本日23時までなので焦っています。


23時までこの要求を飲まなければ、「職場に行って、上司に話して、職場にいれなくする」こんな脅しは通用するのでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
>以前に相談した弁護士は「5対5やから慰謝料も何も発生しない」と言ってくださいました
→私もその意見に賛同します。不貞行為や暴力がないのであれば、お互いさまですから慰謝料を支払う必要はありません。調停でもそのように話が進むでしょう。

向こうの弁護士は「精神的苦痛による慰謝料は十分取れる」と言っているそうです。
→性格の不一致の離婚であれば、精神的苦痛はお互いさまです。相手が慰謝料を取れるなら、質問者様も精神的苦痛を理由に 慰謝料を取ることができるはずです。

したがって、調停にしたほうが今の条件より悪くなることはないと考えられます。

>23時までこの要求を飲まなければ、「職場に行って、上司に話して、職場にいれなくする」こんな脅しは通用するのでしょうか?
→それこそ脅しです。そのようなことを繰り返し言われた精神的苦痛を理由に慰謝料を請求しますよ、と主張してもいいくらいです。また、本当に職場に行って第三者に話すなら名誉毀損に該当するので、それでもいいならそうしてください、その場合は慰謝料請求しますよ、と主張しましょう。

とにかく相手の要求を素直に受け入れるケースではありません。調停にしたほうが無難と言えるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.


離婚は既にお互いに合意しています。


こちらとしては…向こうの要求を受け入れることはできないと思っていますが、果たして調停で折り合いがつくものなのでしょうか?


 


調停にした場合の結論として、予想される結論を教えてください。


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
調停で折り合いがつかなければ、審判→裁判ということになりますが、裁判にしても相手側が要求する主張が通るとは考えられません。裁判にしても費用が無駄になることが解る賢い人なら調停で折り 合いが着くと考えられます(上記にも述べたように、性格の不一致では責任は五分五分です。)

ただ、相手が裁判にしてまでも要求を通したいと考えているなら、調停しても折り合いはつかないことは明白です。

以上のように調停で折り合いがつくかどうかは、相手の考え方、出方しだいです。
しかし、質問者様としても相手の要求を受け入れるつもりがないのであれば、まずは調停、それで決着がつかないなら裁判、という道しか残されていません。
質問者: 返答済み 4 年 前.


不貞行為、暴力以外にこちらが不利になる類のことはありますか?


今向こうから言われているのは…①夜中に起こされて性行為を求められた。②帰宅後入浴をせずに性行為を求められた。この2点に対して精神的苦痛を受けたと言われています。①は9ヶ月の同居生活(入籍、結婚式は12月ですが、8月から同居しています)で1度だけ。②は行為はしていないです。


こちらとしては、不貞行為も、暴力もないのですが…向こうからしたら、「○○されたことが苦痛だった」のように、向こうの受け取り方次第で、こちらが不利になることがあれば、具体的に教えて下さい。


 


また、調停とはどのような形で行われるのでしょうか?私と家内と第三者が同じ場所に介して、面と向かって話し合うのでしょうか?それとも、別々に第三者と話し合うのでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
性行為の強要もDVにあたることはありますが、質問者様の場合は一度だけのことであ り、不利になることはありません。

不貞行為や暴力以外で離婚で不利になることは、ほとんどありません。
相手の受け取り方しだいで不利になるなら、何とでも主張できてしまうので、そのような勝手な主張は裁判では通用しません。


>調停とはどのような形で行われるのでしょうか?私と家内と第三者が同じ場所に介して、面と向かって話し合うのでしょうか?それとも、別々に第三者と話し合うのでしょうか?
→当事者の希望しだいです。原則は当事者と調停委員が一同に介して協議を進めます。しかし、相手に会いたくないというのであれば、それぞれが調停委員と話し合って協議を進めていくことになります。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

では、この1度の性行為の強要は、精神的苦痛になって、慰謝料請求の対象となるのでしょうか?


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
では、この1度の性行為の強要は、精神的苦痛になって、慰謝料請求の対象となるのでしょうか?
→一度の性行為の強要が精神的苦痛になるはずはありません。何回も強要していれば別ですが、一度の強要で慰謝料が認められることはありません。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問