JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 489
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

実の父が亡くなり相続を受けてから 生活費を全く渡さなくなった主人です。なので相続金を使うしかなく困っています。 こう

解決済みの質問:

実の父が亡くなり相続を受けてから 生活費を全く渡さなくなった主人です。なので相続金を使うしかなく困っています。 こういうケースの場合どう対処すれば宜しいですか?現在64歳 テレビ局会社員定年退職して系列に週3日会社に出勤しています。退職金や家のお金についていっさいあかさず、相続金が生活費になりどんどんなくって老後が不安です。


 


そういった事柄を質問したり出してくれるように頼むと 自分でレジでもやって働け!!と怒鳴り散らします。 すぐカッとなり怒鳴り散らし暴力など


長女が生まれてから ずっと続いており 最近はそうなり始めたらすぐ その場を立ち去るようにしています。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
文面を見る限りではわからないのですが、別居や離婚を考えたことはありませんか。無いようならば、一度専門家を交えた話し合いを行 ってみてはいかがでしょうか。離婚などの夫婦関係を専門とする行政書士を交えて話し合いを行ってみてはいかがでしょうか。離婚専門といっても、必ずしもそのような方向に問題解決するわけではありません。第三者を交えた話し合いが必要であるということです。
そのような話し合いにも応じない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てましょう。調停には夫婦関係を修復する「夫婦円満調停」と「離婚調停」があります。調停は、調停委員を介した間接的な話し合いの場で、月1回程度開催されます。相手と直接話をすることがないので、場が暑くなることもありません。熟練の調停委員が相手の主張を引き出してくれます。金のことについてあなたと話にならないようですから、一度利用してみてはいかがでしょうか。円満・離婚調停を選んで申し込んでも、話し合いの進捗状況によっては別の方向性が出てくることがあります。調停には日数がかかるので、同居が困難と思われるのであれば、実家等に行って別居することもひとつの手です。その上で調停でまず、生活費を請求すればよいのです。
今回のケースは、話し合いの接点を作ることが大切になります。今の状態の継続は困難と思われますので、まず行動してみましょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

調停も 委員によって 主観が入り その方、その方 でだいぶ意見がちがってくるとのことです。35年の間には 弁護士にも相談 女性センターにも いろいろ相談に行きましたが、結局 出て暮らしていくか 我慢するか でずっと我慢してきたものの 昨年 乳がんの手術もし 周りの人は、 きっと病気になった事で 変わるよって言われてましたが、現実は 次々と嫌がらせや 生活費を渡さず 自分で立て替えた分を請求すると怒鳴りちらししかなく、 同じ敷地内に 主人のお世話した父母が住んでいましたが 亡くなり 主人の姉夫婦が相続により 住み始めていますが、そばに姉がいると もっともっと何故か 酷くなります。


 


相談に行ったあと 行動しないと現状は変わらないということですね!


ただ 再発など心配です。


 


孫も二人目生まれますが いろんな面で お金の面が一番困ります。


35年のうち30年近くは、渡さない主人だったのでずっと働いてきました。


 


最近は孫が生れたり で仕事に行っていません。 亡き父の相続金は本当に助かりました。


 


☆相続金は夫婦には 関係ないと聞きましたが本当でしょうか?


☆生活費を渡さないDVなど 継続が困難と思われとありますがとのことですが、自分自身35年そんな中にいて変な免疫がついて まだ我慢 と言い聞かせて昨年は死も感じましたが、 反対に それがばねになり 大好きな音楽をボランティアではじめていますが、 本番が近つくと 何かを言い始めて怒鳴りちらし 精神的に大変です~


☆離婚の難しさを感じます。 まず行動することでしょうか??


 


☆何かこれは やった方がとか 重要ポイントなど教えてください。


 


もう少しお答え欲しいです。


宜しくお願いします。


 


 


 


 

専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.

ご返信いただきありがとうございます。

かなり長い期間、夫から生活費をもらえず、あなたの収入で暮らしてこられたのですね。ご心痛お察し申し上げます。

夫婦関係を続けている以上、相互扶助義務があります。夫がともに生活を支えてくれないのであれば、離婚の理由にはなり得ます。ただ、このままでは、夫を支え続けなければなりません。離婚をすることで初めてあなたの相続財産を取り戻し、DVによる慰謝料を請求、財産分与の請求(退職金を含む)、年金分割等ができます。

世の中には我慢されて夫婦生活を続けておられる方も多くいらっしゃいます。子供の手が離れた、夫が退職金をもらったなど、人生の節目で離婚を決断されるケースがよくあります。

いきなり離婚ではなく、別居から始められてはいかがでしょうか。その上で調停を申し立てるのです。状況から協議離婚は無理なようなので、こちらをお勧めします。

別居によって夫の心情が変化することもあります。改心することもありますが、激情にかられることもあります。居場所は知られないようにするべきでしょう。

夫が退職年齢に達したということは、あなたも近いうちに年金受給者になられるのではないでしょうか。いつまでも働けるとは限りません。今の生活に慣れている、我慢の受忍の限度内なら結構ですが、いつか限界点が来るでしょう。

お孫さんの世話もあるでしょうが、行動するなら今のうちと思います。

調停委員は、家裁調査官の報告をもとに公正に話し合いを進めます。たしかに調停委員にも「心情」がありますから、あなたの辛い思いを丁寧に話し、味方につけることも必要になります。夫側が、調停委員に激しく当たればより有利にことが進むといえます。

まずは別居、ここから始められてはいかがでしょうか。

 

dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問