JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

はじめまして。 親にモラルハラスメントや金銭の要求をされるなど大変困っていました。 今後、分籍をしたのち、結婚を

解決済みの質問:

はじめまして。
親にモラルハラスメントや金銭の要求をされるなど大変困っていました。
今後、分籍をしたのち、結婚を考えています。

私の婚約者にお金の要求や会社への恐喝の恐れもあり
結婚についても居場所についても、親に知られたくありません。
住民票や戸籍、結婚有無について、親に知られたくありません。
なにかよい方法はないでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
いままでモラルハラスメントや金銭の要求をされるなど困っており、ご結婚や居場所について親御さんに知られたくないのですね。
お気持ちはよく理解できすが、残念ながら法律的に知られることを防ぐ方法というのは無いのです。

住所を移転した場合の転居届は法律上の義務ですし、正式に結婚するには婚姻届が必ず必要です。
そして届出をすれば住民基本台帳、戸籍簿にそれぞれ記録されますから、住民票や戸籍・戸籍の附票を交付されると居場所や結婚した事実を知られていまいます。
住民票は同一世帯でないのでたとえ親子であっても理由無く取得することはできないのですが、戸籍および戸籍の附票については親御さんが役所に請求した場合には「不当な目的であることが明らかなとき」を除いて交付されてしまいますので、調べようと思えば調べることができてしまうのです。

お考えのように、分籍した上で結婚すれば元の戸籍には分籍の事実しか記載されていませんので、分籍先の戸籍まで調べなければ結婚の事実はわからなくなります。
さらに分籍後に何度か転籍をすることでより調査に手間がかかるようになりますが、それでも調べられないわけではなくあなたやあなたのお子さんが将来の手続きで必要になった場合にも手間がかかることになってしまいますので、あまりおすすめはできません。

法律的に防ぐ方法はないので、あとは不審に思われないよう少しずつ関係を疎遠にするとか、可能な限り物理的に離れたところに住居を定めるといった形で距離を取るしか無いですね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


それでは、分籍後の戸籍を見れないようにする方法は


ないですか?


 


 


 


 


 

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
分籍後の戸籍を見れないようにする方法も残念ながらないのです。
戸籍事項証明書を請求することができるものは戸籍法という法律により定められており、直系尊属(親)は交付を請求でき、不当な目的であることが明らかな場合には役所が交付を拒むことができるという規定になっています。
小さな役場であれば事前に事情を話して交付しないで欲しいと言うことである程度の効果があるかもしれませんが、出張所や分室など交付される窓口は複数あると思いますし、全ての職員に事情を周知することもできませんので、やはり難しいでしょうね。

●戸籍法
第十条  戸籍に記載されている者(その戸籍から除かれた者(その者に係る全部の記載が市町村長の過誤によつてされたものであつて、当該記載が第二十四条第二項の規定によつて訂正された場合におけるその者を除く。)を含む。)又はその配偶者、直系尊属若しくは直系卑属は、その戸籍の謄本若しくは抄本又は戸籍に記載した事項に関する証明書(以下「戸籍謄本等」という。)の交付の請求をすることができる。
2  市町村長は、前項の請求が不当な目的によることが明らかなときは、これを拒むことができる。
AEをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問