JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

叔父(実母)の実兄が先般鬼籍にはいりました。亡叔父にはいわゆる禁治産者の息子がいますが、いとこ(亡実母の亡実弟)の息

解決済みの質問:

叔父(実母)の実兄が先般鬼籍にはいりました。亡叔父にはいわゆる 禁治産者の息子がいますが、いとこ(亡実母の亡実弟)の息子がこちらに連絡がないまま亡叔父と養子縁組をしました。これはかれらのバイラテラルな関係なのでこちらは関与できない問題です。しかし、叔父の住んでいた土地が叔父兄弟の分割名義になっていて、母もその名義人の一人です。この場合、関係者(土地の名義人)に黙って養子縁組をしてもよいものなのか?また、養子縁組して。ある一定期間をすぎなければ、遺産は相続できないなどととく風聞をきいたことがあるのですが、これらの件についてご教示してくだされば幸甚です。横浜オヤジよいr
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、書き方によるものか少し関係が分かりにくいところもございますが

要するに、ご相談者様のお母様が既に亡くなっていて、そのお兄様である叔父様が

亡くなり、その方には禁治産者のお子様がいらっしゃると言うことですね。

本来であれば、その方だけが推定相続人になるものが

別の叔父様のお子様が養子縁組をされていて、相続人となったと言うことですね。

基本的に、養子縁組は、一方的にはできず、未成年者の場合は、家庭裁判所の許可も

いるものですから、無効とは言えないかもしれません。

また、養子縁組は、死後にはできませんから、養子縁組をした時点で相続権はあります。

仮に、叔父様が亡くなった後に養子縁組を解除しても、相続時(亡くなった時点)で

養子であれば、相続権はあります。

養子縁組に関しては、第三者や利害関係人の合意などは必要ありません。

お母様の土地の名義に影響はありませんが、持ち分の名義変更は

されておいた方が、後のトラブルを避けるためには必要でしょう。

遺言で一定期間、財産の分割をできないように指定することはできますが

ご指摘のような規制はございません。

現在は、禁治産者制度はないので、成年後見制度に移行していると思いますが

相続の場合も成年後見人が代理をして対応します。

何か、問題があれば成年後見人が対応するはずです。

もし、その息子様に成年後見制度が利用されていないようであれば

その息子様のためにも家庭裁判所に申請された方が良いでしょう。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問