JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員
67515089
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

現在の状況   3/5妻が子供たちを連れていえを出て行く(突然)   以前より夫婦関係は良くはなかった。

解決済みの質問:

現在の状況
  3/5妻が子供たちを連れていえを出て行く(突然)
  以前より夫婦関係は良くは なかった。
  子供・・・小学5年生・1年生・3歳の3人
  
 家庭状況
  共働きです
  食費(外食を除く)以外は自分が出しています。
  子供の保育園費は家内負担です
     話し合って決めたわけではありません

 家内は長女が2歳のときに浮気をしましたが、やり直すということで
 復縁?しました。(先方両親が謝罪に来ました。教育が間違っていたと・・・)
 3人めが授かったというときに自分の中に疑問が生じました。
 12/24に関係を持ちましたが、翌年1/4日に妊娠がわかりました。
 ただ、おなかの中の子供には罪はないので出産に同意はしました。
 出産後葛藤の中、子育てを手伝い生活していました。
 今回離婚話になり、私はDNA鑑定を行う決心をしました。
 結果がどうであれ、かわいい子供であることには変わりはないと思います。
 4年間、葛藤の中生活してきましたが、結果家内に慰謝料は請求できますか?
 また、自分の子供でなかったとき、相手を聞き出し、慰謝料請求はできますか?
  

     ただ、結果がどうであれ自分にも非があると思うので、直したいと思いますし
    家内と子供は愛しています。可能であれば、復縁を望んでいます。

 長々と申しわけございません。
 ご指導、ご助力のほど宜しくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。
家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。

よろしくお願いします。
 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

このサイトは、一般的な回答をするもので、個別的な回答ができないものですが、ご容赦ください。

「配偶者への慰謝料を請求できますか?」というご質問ですね。

不法行為にもとづく損害賠償請求権は、

被害者またはその法定代理人が、「損害及び加害者を知った時」から3年間、これを行使しないときは、時効によって消滅します。(民法第724条前段)

また、「相手への慰謝料を請求できますか?」というご質問ですね。

「損害及び加害者を知ったときから」時効は進行しますから、夫ないし妻の不貞行為を感知し、かつその不倫相手を知ったときから時効は進行することになります。

そこから3年以内なら、請求し得ることとなります。

参考になりましたでしょうか。

納得いただけましたら、プラス評価をお願いします。

質問者: 返答済み 4 年 前.



回答がインターネットでもわかるような単純明快な回答です。


  先の法的な事、あいてを特定するための法的手段や両親に対する慰謝料請求が可能か否か等をしりたいのですが・・・


 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

了解しました。

「あいてを特定するための法的手段」についてですが、

内容証明郵便、調停(申立書)、訴訟(訴状)、

いずれも、相手方の住所地に送付することとなります。

法的にこれを探す手段は、ございません。

なお、不倫相手の名前は調べられたけれども、

どうしても不倫相手の住所が調べられないのでしたら、

書面を送付して慰謝料を請求する方法を取らずに、

不倫相手と直接会って慰謝料を請求するという方法になります。
これらの不倫相手の名前と住所は、

配偶者が協力してくれれば分かるのですが、

協力してくれずかつご自身では調べられない場合には、

興信所(探偵)を利用されるなどして調べることになります。

例えば、配偶者の携帯電話に残された不倫相手の電話番号が分かるのであれば、

その不倫相手の電話番号から不倫相手の名前と住所を調べることも可能のようです。

もちろん費用はかかります。

また、不倫相手の支払い能力を予測するために、

勤務先や役職なども把握しておいて損はないでしょう。

以上、法的手段は存在しない、ということになります。

次に、「両親に対する慰謝料請求が可能か否か」ですが、

あくまで、慰謝料請求は、配偶者個人に対して行うもので、

両親にではありません。

したがって、請求できない、ということになります。

参考になりましたでしょうか。
納得いただけましたら、プラス評価をお願いします。

rikonnsouzokuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問