JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

姉が脳出血の為右片麻痺、失語症をH24.8.29に患い総合病院に2カ月10日その後リハビリ病院に5カ月入院。夫はH2

解決済みの質問:

姉が脳出血の為右片麻痺、失語症をH24.8.29に患い総合病院に2カ月10日その後リハビリ病院に5カ月入院。夫はH24.3.29に死亡その9カ月に夫の兄


















成年後見人を付けられて困っています。姉 はH24.8.29右片麻・失語症で総合病院に2カ月10日その後リハビリ病院に5カ月。実は夫はH24.3.29死亡 その9カ月前に夫の兄の孫を養子にいています(姉の反対も暴力で)後見人は養子(25歳位)の父親です。養子は姉が倒れた日は病院に来ていましたがその後一度も見舞に来ていません。養子の親は姉が総合病院に入院して1週間位から後見人の話を出していました。おそらく10月には家裁に申し立てをしたと思われます。H24.12.17付けで後見人とする通知が来ました。反論しまして仙台高裁まで行きましたが結局ダメでした姉は現在車イスで歩いてますし失語症も大分よくなりました。なにより本人確認をするべきではないでしょうか
姉の介護は私がしています。養子の親も総合病院にいるときは週1回位でしたがリハビリ病院では1回も来ませんでした
姉の財産は最後の時まで姉のものであってほしいです











投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
後見開始の審判で養子の父が後見人に選任されたことに対して即時抗告をしたけれど、高裁でも棄却決定になってしまったのですね。

お姉様の状態しては、財産管理や法律行為といった難しいことについてある程度判断できるくらいまで回復されているのでしょうか。
あるいはお姉様は夫の兄の孫との養子縁組を解消したい考えているのでしょうか。
ご自身の意思をはっきり表示できますか?

あなたのお知りになりたいことについても、もう少し具体的にお書きいただけると助かります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

姉は青森県むつ市で倒れました。病院では1カ月程で退院してもらいたいと言われ養子の親に相談したところ、施設に入れるほかないと言われ私は青森県八戸市のリハビリ病院に入れたいと話したところどうぞ,どうぞ言われそうしました。姉は八戸に来てすぐ住所を八戸に移してくれと言っていましたが養子の親


に遠慮していましたが,ケアマネジャーの関係でH25.2.7に移しました。


姉は倒れる前から養子縁組は解消したいと言っていました。


病院費用他一切の費用は私が立て替えております。


私の住所は八戸市です

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

現在はあなたの住所地と同じ市内のリハビリ病院に入院されており、あなたが費用の一切を負担し、実際のお世話をされているのですね。
事情は良くわかりました。

お姉様は、現在は財産管理や法律行為といった難しいことについてご自分である程度判断できるくらいまで回復されているのでしょうか?

当サイトはご質問に対して回答をするところですので、もう少しお知りになりたいことを具体的にご質問していただいた方が、適切な回答ができます。
あなたはどのようなことをお知りになりたいのでしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.

姉は十分に理解しています。亡き夫の遺産も手をつけていませんので、夫の財産は養子に全部あげてもといってます。元々は八戸市の生まれなのでむつ市には帰らな,い、八戸市で一生暮らすと言います。
私は後見人などつけないで,姉には好きなように暮らしてほしいです


 


 


 


 


 


 

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
後見人をつけずに、お姉様がご自身で財産の管理を行い、好きなように暮らして欲しいのですね。

後見人に財産管理等を任せるという成年後見制度は家庭裁判所の審判によって開始するものです。
これに対する異義は既に行われている即時抗告により行わなければならず、即時抗告に対して高裁でも棄却決定がされ審判が確定したのであれば、開始すること自体は止めることができません。

一度開始したものを止めたい場合には、お姉様はもう十分に回復しているということで改めて後見開始審判の取消申立を行い、家庭裁判所に審判を取り消してもらう必要があります。
家庭裁判所に審判を取り消してもらうためにはお姉様が回復していることを裁判所に認めてもらわなければならないところ、裁判所はその判断に際してはお医者様の意見を重視しますので、まずはお姉様の主治医の先生にお姉様が十分な判断能力を回復しているという診断書を書いてもらってください。
取り消す手続きも簡単にできるものではないため、まずはそこからスタートです。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答をお読みになり、疑問は解消できましたでしょうか。
より詳しい説明が必要な点がありましたら、返信にて続けてご質問ください。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

ご質問を放置されないようにお願いいたします。

下記署名欄についてもお読みください。

AEをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問