JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

別居が5年続き、ようやく離婚が決まりました。子供は母親の私が育てています。主人の要望で上の2人の親権は主人が、3人目

解決済みの質問:

別居が5年続き、ようやく離婚が決まりました。子供は母親の私が育てています。主人の要望で上 の2人の親権は主人が、3人目の息子の親権を私がという事になりましたが、育てるのは今迄通り、私が育てて行きます。でも、調べていたら育てる方が親権を持っていくのが自然な様な気がします。私は主人が全てを失う気がして…という気持ちに答えればと思ったのですが、本当にそれでいいのかどうか悩んでいます。これからの手続き関係とか、ややこしくやらないのか❓とか、子供は不便ではないのか❓とか…後、親権をその様にしても私の戸籍に三人の子供達を入れる事は出来るのでしょうか❓子供達の年齢は5歳、12歳、14歳です。
こんな質問ですいませんm(__)m
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
親権というのは、子供の教育や財産管理などを行う親の権利です。
通常、子供を育てる監護権というのも親権者が持つのが一般的ですが、
この監護権について、別々に定めることも可能です。

つまり、お子さんのうちの2人については、親権は夫、監護権はご質問者様、
残り一人のお子さんは親権も監護権もご質問者様ということで、離婚協議書を
作成されると良いでしょう。

一般的に、結婚された際に夫の姓にされているとおもいますが、この場合
離婚届を提出するのみでは、離婚して戸籍から抜けるのはご質問者様本人
だけです。親権がどちらであったとしても、お子さんは夫の戸籍に残り、姓も
そのままです。

これを、ご質問者様の戸籍に移すためには、離婚後、「子の氏の変更許可」
という手続きを行う必要があります。
この手続は家庭裁判所で行うのですが、特にむずかしい手続きではありません
ので、ご本人様で行うことも十分可能です。

手続の概要は下記に記載がありますので御覧ください
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_07/index.html

申し立て書類
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/07m-konouzhi.pdf

記載例
14才迄 http://www.courts.go.jp/vcms_lf/7420konouzhi-15miman.pdf
15才以上 http://www.courts.go.jp/vcms_lf/7419konouzhi-15izyou.pdf


質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございましたm(__)mその通りに進めていきたいと思います。
それで、離婚協議書は離婚届けを提出する前に作成するものなのでしょうか❓それはどの様に作成すれば良いのでしょうか❓
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
離婚協議書というのは、親権や養育費、もし慰謝料や財産分与があるので
あればそれらの金額や支払い方法など、離婚に関しての約束を記載した、
契約書です。
出来れば離婚前に作成されることが好ましいですが、あとからでも可能です。

書式については、以前にも別の方から離婚のご相談頂いた際にもお調べ
したのですが、公的機関で文例等を記載しているページは見当たりませんでした。
一般的な作成例であれば、「離婚協議書 文例」「離婚協議書 書式」といった
キーワードで検索頂ければ、弁護士や行政書士の事務所のWEBページで、
文例が記載されていたり、ワードファイルがダウンロードできたりするものが
多数ありますので、お探し頂けますでしょうか。
houmuをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問