JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2285
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

親が家庭内別居中です。父親は、家賃・光熱費などは払っています。父は、年金を貰いながら、仕事もしており、収入はあります

解決済みの質問:

親が家庭内別居中です。父親は、家賃・光熱費などは払っています。父は、年金を貰いながら、仕事もしており、収入はあります。問題は、母親です。
現在、仕 事はしていないので、収入はなく、父親からも、一切お金を貰っていないので、食費など、日々の生活にかかるものをカードで買うなどして、その支払いのお金を娘に借りにきます。貸すのも、もう限界です。

家庭内別居の原因は、父親の退職金を母親が全部使ってしまったことです。この原因で、父親は一切母親にお金を渡さなくなりました。
原因が母親でも、父親に生活費を請求することは、出来るのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

母親が父親の退職金を使ってしまったとしても、母親は父親に生活費を請求する権利があります。そもそも退職金も夫婦の 共有財産ですから、母親にも使う権利があります。

父親にどうやって生活費を負担してもらうか、ということですが話し合って無理なら家庭裁判所に調停を申し立てるしかありません。夫婦はお互いに婚姻費用を分担する義務を負っていますから、その費用を負担するように家庭裁判所の調停委員を交えて話し合いをすることになります。
家庭裁判所の調停は弁護士に依頼しなくても自分で申し立てることができます。費用も1200円と郵便切手が数千円なので費用もかかりません。

参考:婚姻費用請求調停 http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_03/index.html

なお、婚姻費用は別居している場合だけでなく、同居している場合も請求することができます。

shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問