JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚して一年がたちます 子供が2人います 結婚後に中古ですが家を購入しております。 離婚にあたり、毎月

質問者の質問

離婚して一年がたちます
子供が2人います

結婚後に中古ですが家を購入しております。

離婚にあたり、毎月5万円の養育費、ボーナス月は10万円
それ以外は何もいらないという話で離婚しました。

離婚後、妊娠していることがわかり中絶し、その影響で子宮を片方とることになったようです

そのことも理由に挙げ、事あるごとに養育 費以外の請求をされ、そのたびに脅しとも取れるようなメールがきて支払いをさせられています。

内容としましては
・訴えれば家を私のものにすることはできる。
・離婚しても何年かは異議申し立てができ、養育費の見直し・値上げができる
・家を売る・賃貸に出すなりしてもっと渡すようにしろ
・子供にかかる費用は半分は出すのが父親だ。

お金を振り込まなければ訴えを起こして、家をとるや慰謝料をとるなどのメールがきます。

本当に1年では異議申し立てができ、養育費の値上げ、財産分与の見直し、家をとられるなどのことができるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

恐れ入ります。

情報をいただけますか?

>離婚して一年がたちます

「協議」離婚でしょうか?

(それとも、「調停」をされましたか?)

質問者: 返答済み 4 年 前.

協議です

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

分かりました。

>本当に1年では異議申し立てができ、養育費の値上げ、財産分与の見直し、家をとられるなどのことができるのでしょうか?

協議離婚だとすると、異議申し立て、というのは、意味不明なのですが・・。(もっとも、調停としても、意味不明ですが。)
離婚協議書を公正証書にしていても、養育費に関しては、値上げを求められることがあります。

ただし、

・訴えれば家を私のものにすることはできる。
・家を売る・賃貸に出すなりしてもっと渡すようにしろ
・子供にかかる費用は半分は出すのが父親だ。

こういった主張は、根拠がないことになります。

ちなみに、公正証書は作成しましたでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答の質.
協議離婚でも、調停離婚でも同じならば何故どっちで離婚したのか聞いてきたのか謎な部分があります。

どう対処したらいいか知りたいところなので、そこの答えを知りたい
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、いろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 先の専門家の先生がオプトアウトされて、ご相談者様も再投稿をされていますので

引き続き、こちらでご回答致します。

 まず、先の専門家の先生が、協議離婚か調停離婚かとお聞きになったのは

協議離婚の場合は、離婚後のトラブル防止のために離婚協議書を公正証書で

作成してあるであろうし、調停離婚の場合は、同じようなものが「調停調書」で作成

されていることを確認されるためのご質問です。

公正証書等があれば、清算条項と言う、もう今回決めたこと以外に

債権債務は双方に存在しないということで、本来は、離婚後、財産分与は2年

慰謝料は3年までと言う時効があり、それまでは、請求はあり得るのが

公正証書等の作成時点でできなくなると言うことです。

 先方からのどの訴えもおかしいことになりますが

養育費に関しては、事情が変わる場合、増減を要求することが可能です。

養育費は算定表があり、本来はボーナス併用払い等はあまりしないのですが

どのように決められたのでしょうか?

また、中絶による場合は、双方が合意しての中絶な訳ですから

慰謝料は発生はしません。ただ、治療費等は半分は支給はしても良いと思います。

お話からだと、子宮は一つしかありませんので、卵巣等の摘出かもしれません。

そこはお調べになったり、治療費等のコピーは出させるべきでしょう。

 それと、問題は、協議離婚で口約束や私文書による離婚協議書の作成の場合

先ほどの時効までは、いろいろ請求できることになりますし、見直しもあり得ます。

早急に、公正証書で離婚協議書を作成するか

家庭裁判所の財産分与の調停を申立てるかの対応が必要です。

養育費は、算定表で決まっていますが、病気や進学などのお子様の特別な費用は

協議でどうするか決めることもできます。必ずしも、ご相談者様が一方的に全額

支払わないといけないと言うことではございません。

公正証書の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

良いでしょう。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4637
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

適切な回答ありがとうございます


離婚の際、メモ書き程度の簡単な養育費だけの取り決めの文章は交換しました


 


正直事を荒立てたくないのですが、その場合3年辛抱すれば向こうからは何も請求はできなくなるということでしょうか?


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうござます。

財産分与は、離婚後2年、慰謝料は離婚後3年ですので

3年経てば、養育費以外は請求はできません。

財産分与は2年で除籍期間も終わりますが

慰謝料は20年の除斥期間がありますので、時効を援用すれば問題はありません。

ただ、養育費以外で、お子様の進学や病気などの特別の費用は

協議で請求は可能です。

あくまで協議が整えばの話です。必ずしも支払う訳ではありません。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問