JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

子供の親権を認めてくれない元夫。 結婚していた時も、生活費はもらったことがありません。 自営業を一緒にしていた時

解決済みの質問:

子供の親権を認めてくれない元夫。
結婚していた時も、生活費はもらった ことがありません。
自営業を一緒にしていた時も、赤字補填は私がしていました。
離婚後も仕事は、一緒だったこともあり、
私が借金をして、補填してきましたが、限界にいたり
仕事も別々にすることになんとか話をしましたが、
借金を払う意思もなさそうで、子供の親権についても、
譲る気がないようで。話し合いになりません。
養育費ももらったことがありませんし、今後も払う気はなさそうてすが。
こんな状態でも、子供の親権について了承を得なくてはならないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

回答のために確認させてください。

離婚の際に元夫が親権者として定められていて、質問者様に親権者の変更をしたいということですか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

様々な要因があり、離婚を要求しても応じてくれないため、子供の学校のこともあり、親権はそのままにしていました。長女・次女がおりますが、長女は連れ子です。養子縁組しています。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
話が見えてこないのですが、すでに離婚しているのですか?

親権がそのまま、というのはどういう意味ですか?

長女は誰と養子縁組しているのでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

1年くらい前に離婚はしています。


K氏(元夫)との結婚の際に、長女と養子縁組しています。


離婚後は、学校のこともあり、姓が変わらないように


私だけ旧姓にもどって、私だけ除籍という形になっています。


子供たちも私の戸籍・姓に戻したい。と1年という期間をかけて


K氏が一人で仕事ができるよう、会社自体も整備・手入れをお金をかけ、


その会社自体も譲るといってもなお、こちらの戸籍にいれることに同意してくれません。何か方法はないでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
なるほど、分かりました。

離婚の際に未成年の子どもがいる場合には,父母の合意で親権者を定めることができますが、離婚後の親権者の変更は 、「必ず」家庭裁判所の調停・審判によって行う必要があります。調停手続を利用する場合には、親権者変更調停事件として申し立てます。

つまり、親権を変更するために元夫が同意する、しないにかかわらず、まずは家庭裁判所に申し立てをして、そこで解決していくことになります。

親権者の変更は,子どもの健全な成長を助けるようなものである必要があるので,調停手続では,申立人が自分への親権者の変更を希望する事情や現在の親権者の意向,今までの養育状況,双方の経済力や家庭環境等の他,子の福祉の観点から,子どもの年齢,性別,性格,就学の有無,生活環境等に関して事情を聴いたり,必要に応じて資料等を提出してもらうなどして事情をよく把握し,子どもの意向をも尊重した取決めができるように,話合いが進められます。
なお,話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には自動的に審判手続が開始され,裁判官が,一切の事情を考慮して,審判をすることになります。

質問者様の場合、お子さんたちの意向がかなりの程度、親権者を定めるにあたって重要な要素となります。また、今現在お子さんたちが質問者様と一緒に生活していて、これからも一緒に生活したいというのであれば、親権は質問者様に定まるでしょう。

さらに、養育費を支払ってもらいたいのであれば、一緒に養育費の支払いについても「養育費請求調停」を申し立てて、そこできちんとした額を請求していくことで、正当な額を支払うように取り決めてもらうことができます。
元夫が任意に養育費を支払ってくれないのであれば、家庭裁判所を利用していくしかありません。
調停は弁護士に依頼しなくても、比較的簡単に申し立てることができます。家庭裁判所に行けば申立書の書き方なども丁寧に教えてくれるので、自分で手続きすることができます。もちろん弁護士に依頼すれば面倒な手続きはすべて弁護士が代わりにしてくれますので、負担はなくなるでしょう。弁護士に依頼するのであれば費用は最低でも20万円くらいはかかるとみたほうがいいでしょう。

参考に裁判所のホームページを載せておきます。
親権者の変更:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_10/index.html
養育費請求:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_07/index.html
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問