JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

不倫相手の子どもを妊娠しています。 認知は現時点で望まず、養育費の取り決めのみ行いたいと思います。 理由は、今回

解決済みの質問:

不倫相手の子どもを妊娠しています。
認知は現時点で望まず、養育費の取り決めのみ行いたいと思います。
理由は、今回の不倫はいわゆるW不倫だったため、生まれた子どもを夫の子どもとして育てることも考えているからです。
特別養子縁組をしなくてはならないのは承知しています。
ただ、生まれる前に、養育費の取り決めだけを先行させれば、不法行為にあたらないのではないかと思ったりしています。
そもそも、このような相談は受けてもらえないであろうとは思いますが、無理を承知でお伺いする次第です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、W不倫と言うことで、双方のご夫妻様が、そのことを知っていて

離婚は少なくとも、ご相談者様のご夫妻様ではしないと言うことですね。

また、お子様は、不貞行為の相手の男性のお子様と言うことは確実でしょうか?

そのことが分かっていて、ご相談者様のご主人様が、中絶等を要求しないと

言うことでしょうか?

仮に、そのことを承知して、お子様を育てるおもつもりであれば

特別養子のようなまどろっこしいことをしなくても

婚姻中の夫婦の子供は、婚姻中の夫の子と推定されるので

ご相談者様のご主人様が、嫡出否認や親子関係不存在確認の調停など

しなければ、そのまま、ご相談者様ご夫妻様のお子様になります。

 ただ、養育費の問題に関しては、相手の愛人の男性の奥様が

どう判断するかにもよりますが、相手は離婚する可能性があるのでしょうか。

確かに、W不倫の場合、慰謝料の相殺(厳密には法的な相殺ではありません)は

可能だと思いますが、それは双方が離婚をしなければ

財布の中身が移動するだけだからです。

ただし、相手が離婚をすると、そう言うことにはなりません。

双方が、請求しても財布は別だからです。

 仮に、特別養子にするケースもありますが、特別養子になると

前の父親からは養育費が取れなくなります。

公正証書にするにしても、公序良俗違反の可能性もあり

作成が難しくなると思われます。

そこは、公正証書にするなら、公証人に確認してみないとわかりません。

私文書での養育費の取り決めになる可能性が高いかもしれません。

とにかく、早目に十分な話し合いが双方で必要でしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
早速のご回答ありがとうございました。
当方も先方も、離婚の意思はありません。
よって、慰謝料は相殺で決着させるのが現実的かと思っています。
なお、子どもの父親は、間違いなく不倫相手です。
それにも関わらず、私の夫は我が子として育てる覚悟をしてくれました。
子どものためにも、嫡出子として出生届を提出するつもりです。
しかし、事実を偽って届け出る行為は、咎められる可能性をはらんでい るのかと、特別養子縁組と記しました。
また、夫が実子として出生届を提出したあとからでは、養育費の請求の根拠がある意味ではなくなります。
養育費の取り決めを、出生前にしたほうが無難に思えます。
ちなみに、公正証書にしろ私文書にしろ、一連の取り決めの文書化は、行政書士の先生にお願い出来るのでしょうか。
可能であれば、今回ご縁をいただいたsupertonton先生にご相談申し上げたく思うのですが…。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

養育費の愛人の男性への請求は、特別養子にした場合も権利が無くなります。

そう言う意味では、相手の男性が認知しない限り、法的には取りにくいと言うことです。

そうすると、トラブルを嫌う公証人が公正証書を書くかどうかは疑問です。

慰謝料などに名目を変えて、何万円を毎月何年間支払うなどにした方が良いでしょう。

それは問題はありません。

公正証書等の作成は、行政書士の先生で構いません。

誠に申し訳ありませんが、当サイトでは個別の業務を承ることができません。

ネット等で民事法務専門の先生をお探ししてみて下さい。

よろしくお願い致します。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問