JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

内縁です。子供一人。しかし相手に過去離婚歴や子供一人の存在ばかりでなく、二年前の新たな婚姻や子供の存在など知らされ今

質問者の質問

内縁です。子供一人。しかし相手に過去離婚歴や子供一人の存在ばかりでなく、二年前の新たな婚姻や子供の存在など知らされ今から慰謝料養育費の話し合いになります。彼の嘘など信じてきた私への償いは応じるとの約束ですが、慰謝料など高額に請求したいのですが正当ですか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

慰謝料の請求自体は可能です。
ただ、「高額」になるかどうかは、質問者様が決められることではなく、
発生した損害を公平に考慮して決せられます。
裁判においては、損害賠償請求をする側が損害の発生を立証するしかなく、
ただ高額の請求をしたから認められるという問題ではないのです。

しかしながら、相手は賠償に応じると言っているのですから、
裁判をしないで請求すればいいのです。
相手が納得しているうちに、いくらの慰謝料を支払うのかを公正証書にしてしまいましょう。
公正証書は、お二人の話し合いの結果をそのまま公的に認めてもらうもので裁判の判決と同じ効力があります。
こうすれば、損害額を裁判官に審査されることはなく、話し合いの結果をそのまま反映することができます。

公正証書
http://www.koshonin.gr.jp/a3.html

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問