JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

49歳既婚者です。21歳のときに父が再婚し、その時父が再婚相手と養子縁組をしました。養子縁組解除をしたいのですが、ど

解決済みの質問:

49歳既婚者です。21歳のときに父が再婚し、その時父が再婚相手と養子縁組をしました。養子縁組解除をしたいのですが、どのようにしたらいいでしょうか。再婚相手とは疎遠になっているので、できれば単独で行いたいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

当方は司法書士です。

養子縁組の解除(法的には離縁といいます)について回答させていただきます。

養子縁組でされた養親子の関係は、養親と養子がそれぞれ署名押印して,更に,保証人2名が署名押 印した養子離縁届を役所に出せば法律上の親子の縁は切ることが出来ます(協議離縁といいます)(民法811条1項)。

ただ、残念ながら今の状況で単独で離縁をすることは、民法上できず、もし相手が応じない場合は、家庭裁判所を利用した調停離縁や裁判離縁を起こして養子縁組を解除してことになります。

【関連条文】
(協議上の離縁等)
民法第811条
1 縁組の当事者は、その協議で、離縁をすることができる。
(以下省略)


その他わからない点がございましたら、返信機能を使ってご返信いただければと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

離縁届という書式はどこで手に入るでしょうか?


裁判で争い、勝利できるポイントはどんな点でしょうか?


ネットでいろいろ調べたとき、15歳以上は単独でできると書いてあったのですが、それは間違いということですね?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
回答いたします。

>離縁届という書式はどこで手に入るでしょうか?
→養子離縁届は市役所窓口でもらうことができます。

>裁判で争い、勝利できるポイントはどんな点でしょうか?
→協議離縁ができない場合はまず調停で離縁の話し合いをします(離縁調停)。
そこでどうしても離縁がまとまらない場合に裁判離縁を行います(調停前置主義)。

裁判離縁の場合、離縁のための要件が次のように定められています(民法814条1項)。
 ① 他の一方から悪意で遺棄されたとき。
 ② 他の一方の生死が三年以上明らかでないとき。
 ③ その他縁組を継続し難い重大な事由があるとき。

離縁が認められるポイントとして、本件はおそらく①と②に該当されないと思いますので、③の事情を強調することになることになります。
例えば、お父様がお亡くなりになり、養親子としての生活実態・親密な関係が無くなって しまっているとか扶養などでもめていること、虐待が行われているなどがあげられます。
こういった養子関係を継続させるのは両方にとって悪影響であることが裁判所にとって明白であれば認められるということです。

【離縁調停について-裁判所】
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_22/index.html

【関連条文】
(裁判上の離縁)
第814条
縁組の当事者の一方は、次に掲げる場合に限り、離縁の訴えを提起することができる。
1.他の一方から悪意て遺棄されたとき。
2.他の一方の生死が3年以上明らかでないとき。
3.その他縁組を継続し難い重大な事由があるとき。
2 第770条第2項の規定は、前項第1号及び第2号に掲げる場合について準用する。


>ネットでいろいろ調べたとき、15歳以上は単独でできると書いてあったのですが、それは間違いということですね?
→間違いではありません。
民法第811条2項により、15歳以上であれば"単独で"養親と"協議により"離縁ができるという意味です。

【関連条文】
(協議上の離縁等)
民法第811条
2 養子が十五歳未満であるときは、その離縁は、養親と養子の離縁後にその法定代理人となるべき者との協議でこれをする。
(以下省略)

その他わからない点がございましたら、ご返信ください。
gyoenlegalをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問