JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4802
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日 こちらで質問の回答をいただき大変助けられました。過去に二度質問させていとだき今回 また新たな質問です。   元

質問者の質問

先日 こちらで質問の回答をいただき大変助けられました。過去に二度質問させていとだき 今回 また新たな質問です。   元夫の実家から今の姓を変更して欲しいと要求があり(離婚後も元夫の姓を名乗ってます)、子供が就学していて 名前が変わるのを嫌がるので姓を変えることを断る返事を手紙でだしました。
すると 手紙があちらに届いた日 電話をいただき「あの手紙は脅迫文だ!司法書士の知人に見せたら 脅迫にあたると言われたから、手紙のコピーもとって、ウチは出るとこに出ますから」と言われました。
わたしが書いた内容は、
「依然 お話のあった姓を変えて欲しいという話ですが、離婚当時と同じ子供の意見がかわらないので お断りさせて頂きます。離婚時、そのままの姓を名乗ることはそちらから承諾を頂き 裁判所で手続きもしています。離婚から数年、子供たちもそれぞれに学校生活など築きあげてきてます。  これから成長してメンタル面でも成長して 自分の気持ちがしっかり持てるようになった時にもう一度姓の変更の話をしてみようと想ってます。  どうぞご理解を頂きたいと想います。」以上が書いた内容、ほぼそのままです。 財産を狙ってるからこんな書き方になしてでる、目上の人に書く書き方ではない、あなたは(鬼)だ人間の気持ちを持ちなさい、脅迫する文面をよこしてうち出るとこにでるからね!っと 言われました。
わたしはあちらの財産を考えたことなど一度もありません。欲しいなどこれっぽっても想ったこともないです(先方に電話で伝えました)し、逆にもらってくれと頼まれたとそても もらう気持ちすらない。なぜなら わたしは一切あちらと関わりたくなないからです。金銭を受け取ることにより起こる束縛 子供たちには自分の意志で将来の道や夢を切り開いて欲しいと想っています。 元夫は母親にか心を打ち明けない 母親もまたそんの息子なので息子より先立って前にでてくるタイプ 自分は田世にされすべてを把握死体と望む方。
ちなみに元夫は実家がわたしに姓の変更要求をしていることはまだ知らないそうです。

わたしは今後 どんな対策をとりながら先方とおつきあいしていけばよいでしょうか?  子供たちに祖父母 わたしにとっては顔も見たくない口に出すのも嫌なくらいですが、子供たちには祖父母を取り上げたくない 面会の要求があれば今後も応じるつもりです。こちらから面会の要求はするつもりはありません。子供たちがあちらの言葉に操られてしまい元夫のようになっては困るので。

またこのようなトラブル 離婚後の元夫と両親 祖父母や孫との関係など何かやらなければならないことなどありましたら そちらもアドバイス頂きたく想います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

すでに離婚されたのが、かなり前のような感じでしたし

離婚時に、婚姻時の氏の選択や、お子様の氏の変更届を出されて入籍されて

いるのであれば、法的には何ら問題はありません。

とは言え、相手側の元ご主人様のご両親様がどういう訳か過敏に対応しているようです。

もともと、ご相談者様の苗字を変えろと言う方が、脅迫とも強要とも取れます。

出るとこに出ると言うのが、調停や裁判と言うことであれば、そう言うことを

取り合ってくれるとは思えません。

逆に、脅迫罪や強要罪で刑事告訴すると主張されても良いでしょう。

相手側も本来は司法書士の先生は、刑事事件のプロではありませんので、弁護士の先生か

警察に相談されることでしょう。

確かに、相続財産だけ見れば、祖父母から元ご主人様、ご主人様からその子たちに

財産は流れることになりますが、元妻のご相談者様にはいずれの相続権はありません。

生前の相続放棄はできませんが、生前の遺留分の放棄ができます。

それは家庭裁判所に出すことになりますが、お子様が小さいと親権者が代理して

手続します。ただ、遺留分は法的に認められたもので、いくらかの財産の先渡しが

あるからできることです。そのつもりが相手側にあるかどうかです。

財産ばかり気にされているようであれば、法的には無効ですが

相手側が気が済むように、形だけでも相続が発生しても相続放棄しますとでも一筆書いて

おくでも良いかもしれません。

ただ、そこまで嫌がらせをして面会交流を要求してきているのでしょうか?

とりあえず、今回の件も、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼して

専門家から内容証明を相手側に送って納得していただいた方が良いかもしれません。

専門家が間に入れば、感情的な問題が事務的にスムーズに行くかもしれません。

頑張って下さい。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問