JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

53歳の男性です。43歳の外国人の妻が不倫相手と2カ月ほど前から同棲しています。妻とは時折連絡しますが、罪の意識と不

質問者の質問

53歳の男性です。43歳の外国人の妻が不倫相手と2カ月ほど前から同棲しています。妻とは時折連絡しますが、罪の意識と不倫相手に対する想いにはさまれ、精神的に正常であるとは思えません。
彼女の感情をこれ以上傷つけないためにも、彼女に対する法的措置はとりたくありません。言葉の問題もあります。
従い、不倫相手に対し、不倫を解消し、妻を私のもとにもどすような働きかけ をしたいのです。
ある弁護士に相談したところ、この不倫相手の行為は、民法上の「配偶者の権利に対する侵害行為」に相当し、「原状復帰」(=妻が夫である自分との同居状態に戻る)ように調停申し立てができる、と言われました。
裁判所のサイトをチェックしましたが、同様のケースは見当たりません。
本当に上記のような理解で大丈夫なのかを確認したく、お尋ねする次第です。
なお、調停申し立ては自分で行いたいと考えています。
どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

その理解で正しいです。
裁判所は、公的な機関ですから、逐一詳しいケースを載せません。
解説をするのは弁護士の職務です。

ただ、1つ補足をしておくと、
>この不倫相手の行為は、民法上の「配偶者の権利に対する侵害行為」に相当し
→これはまったくそのとおりで、

>「原状復帰」(=妻が夫である自分との同居状態に戻る)ように調停申し立て

→戻ってくるのは妻ですから、妻を相手に法的手続きをとることにはなります。夫婦関係調整の調停ですね。
裁判所を用いない話し合いが可能なのでしたら、今からでも話し合いを始めた方がいいでしょう。

調停は、緩やかな雰囲気での話し合いです。
話し合いのテーマは、厳しく縛られることはありません。

調停でしたら、ご自身でも十分に可能です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


妻の精神状態を考えると彼女相手に法的手続きは取りたくありません。


あくまでも、不倫相手に対して、妻を自分のもとに戻すようなプレッシャーをかけたいのです。


本音を言えば、この不倫相手を八つ裂きにしてやりたい思いですが、妻の感情を考慮し、とりあえずは慰謝料請求もする気はありません。


なお、本件の該当裁判所は家庭裁判所でしょうか、簡易裁判所でしょうか?あわせて、ご確認のほどをお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:回答が不正確.
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
回答をありがとうと言いつつ、不正確とは失礼ではありませんか。

複数の弁護士の回答を不正確と判断できるのでしたら、質問など不要でしょう。

信頼関係が壊れたと思いますので、回答をやめます。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問