JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4626
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

回答ありがとうございました。またお伺いしたいので宜しくお願いいたします。 離婚に至るまでに長い長いプロセスがあ

解決済みの質問:

回答ありがとうございました。またお伺いしたいので宜しくお願いいたします。

離婚に至るまでに長い長いプロセスがあってですが、そのひとつに、喧嘩になると暴言を吐かくというのがあります。。言われた言葉に傷付きショックを受けてきました。。謝罪は一切せず、喧嘩になったら、どんな言葉でも吐く!というのが向 こうの持論です。開き直って”死ね”とも”殺したろか”でも言うと言われました。そして、家庭内別居に踏み切ったのですが、何もしないのに生活費を取るのかと怒りだし、後ろから羽交い絞めのように抑え込まれ、首を絞められました。上手く絞められないとわかると、首を折ろうとするかのような動作をしてきて、殺されるのかと本当に恐怖を感じました。今でも背後に来られると怖くてなりません。家庭内別居に踏み切ったのは私ですが生活費を貰い続けることはできないのですか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

まず、ご主人様には意図的なモラハラ(モラルハラスメント)と言うか言葉の暴力(DV)が

あるようです。このことにより、うつ病等になった場合は、傷害罪も考えられます。

更に実際に、暴力(DV)もあるようですから、本来であれば婦人センターか

警察にご相談されてDVシェルターなどにかくまわれた方が良いのかもしれません。

仮に、離婚を考える場合は、家庭内別居は、実際の別居としての実績にはなりませんので

ご注意が必要です。

別居実績は、離婚理由になります。いずれにしろ、夫婦には生活保持義務がありますので

生活費は請求は可能です。

また、お話からモラハラやDVに対する慰謝料請求も可能です。

これは離婚していなくてもできます。

民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されても良いかもしれません。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問