JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

56歳の夫と離婚を考えています。 財産分与のことで質問します。 退職金は対象になりますか? またマンションを所

解決済みの質問:

56歳の夫と離婚を考えています。
財産分与のことで質問します。
退職金は対象になりますか?
またマンションを所有していますが、その分を現金でと考えていますが金額はどのように算出しますでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

>退職金は対象になりますか?
→すでに退職金が給付されているならば、当然財産分与の対象になります。
そして将来の退職金については、数年後に退職し、その時点での退職金の金額が判明している場合に限り、財産分与の対象とします。10年後、20年後の退職金については財産分与の対 象にはしないことになっています。

>マンションを所有していますが、その分を現金でと考えていますが金額はどのように算出しますでしょうか?
→結婚後にマンションを購入し、マンションのローンがすでに終わっているなら、名義が夫か妻のどちらのものになっているかにかかわらず、財産分与の対象となり、半分ずつ分けることになります。
したがって、不動産業者に不動産の価値を試算してもらい(売却したらいくらになるか)、一方はその金額の半分を現金でもらい、もう一方は不動産を所有するということになります。
質問者: 返答済み 4 年 前.


まだ退職しておらず、たぶん4年後の退職になると思います。


その場合は対象になると考えていいでしょうか?


金額も半公務員なので、大体の金額は把握できます。


その場合は予想金額で財産分与を行うのでしょうか?


それとも退職してはっきりした金額が出てからの財産分与になるのでしょうか?


重ね重ねの質問で申し訳ございません。

質問者: 返答済み 4 年 前.


まだ退職しておらず、たぶん4年後の退職になると思います。


その場合は対象になると考えていいでしょうか?


金額も半公務員なので、大体の金額は把握できます。


その場合は予想金額で財産分与を行うのでしょうか?


それとも退職してはっきりした金額が出てからの財産分与になるのでしょうか?


重ね重ねの質問で申し訳ございません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
金額がほぼ決まっているならば、財産分与の対象になりす。

予想できる金額を勤務年数で割り、その金額に婚姻年数を掛けた金額が財産分与の対象に金額になります。

例えば、夫の勤務年数が20年で退職金が1000万円、婚姻年数が10年である場合は

1000万円÷20×10=500万円が財産分与の対象になる金額で、これを半分に分けることになります。

その結果、退職金は夫が750万円、妻が250万円となります。

参考にしてください。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問