JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4335
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

結婚25年、約10年前から徐々に不和状態となり、ここ5年ではほとんど口も聞きません。やっと息子が来年大学を卒業するの

解決済みの質問:

結婚25年、約10年前から徐々に不和状態となり、ここ5年ではほとんど口も聞きません。やっと息子が来年大学を卒業するのでそれを機に正式に離婚を成立させようと、最近3人で話し合いました、妻は「離婚したら出て行くので家賃を補助してほしい」と要求しています。私はそれを了承したくないのです。というのも、結婚後昨年9月まで給料、ボーナスのたぐいは全て妻に任せており私はキャッシュカードも作ったことがなく、通帳も見たことがありませんでした。しかし昨年どれくらい貯金があるのかと通帳を見せてくれというと、なんとほぼゼロでした。家のローンもなく息子の学費も別途から出ており、あり得ない状況です。慌てて13年間の銀行の出納を調べたところ、毎月10万~50万が引き出されていることが分かりました。妻は引き出したのは自分しかないことは認めた上で、どこにいったのか知らない、わからないの一点張りです。トータル金額はウン千万にもなります。「単なる私の管理ミス」といいますがそれにしては単位が大き過ぎます。私の年収は800万ほどあるのです。
しかし、妻の引き出しを実証する証拠がありませ ん。妻はそれがわかっているので、余裕の態度で更に「家賃補助」を要求しているのです。今思えは、ずっと前から私との離婚に備えて蓄えていたということになるのでしょうか・・・。
最近息子から、「離婚後、家賃は出すので今の家にお母さんと住ませてほしい」と言ってきました。おそらく家を出て私から家賃を補助してもらうより今の住み慣れた家に住んだ方が得だと妻と相談したのだと思います。私が息子には弱いことを知った上で言わせたものと思います。現在の家は土地は私の両親の名義です。母は当然そんな話は飲めないとは言っていますが。孫に弱いところもあるので・・・
離婚の条件として家賃補助や、財産分与、年金等を話し合うことは覚悟しておりましたが、それらは一切要求しないという条件で、向こうの申し出を受け入れたほうが、早く離婚できてすっきりするかなとも思ったりします。しかし、母は土地は私にやると言っておりますが、そこへ妻や息子が住み続けると途中で「出て行ってくれ」とは言えなくなるような事態にならないでしょうか。
前述しましたように、今私の貯金は0に等しく、離婚後はその家に住めなければ実家に帰るしかありません。
どのように進めるのが、最良の方法でしょうか。アドバイスを頂きたくお願いします。
(離婚届けじたいは二人の判を押しております)
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

基本的には、婚姻中にできた財産は名義がどちらであっても、夫婦の共有財産となります。

預貯金に関しては、生活レベルと預貯金の額が不釣り合いであれば

奥様が、離婚を想定して、貯め込んでいる可能性はございます。

夫婦の場合は、窃盗罪や横領罪が成立しないので、なかなか追及は

難しいところだと思います。

不動産に関しては、ご相談者様のご両親様の名義であれば、財産分与の対象では

ありませんので、それは、所有者のご両親様が奥様との契約で考えることです。

また、お子様がいらっしゃるので、その後のことで考えないといけない部分は

あります。

それは、相続の問題ですが、離婚されれば、夫婦ではないので、奥様には相続権は

ありませんが、お子様とは縁が切れることはないので、相続権があります。

奥様とお子様が一緒に暮らすおつもりなら、実質的には奥様も相続することになります。

そう言う意味では、ご両親様の家に住まわせるのは、何らかのトラブルのもととも

言えます。

離婚理由にもよりますが、扶養的財産分与と言うことで、家賃補助をされることは

構いませんが、いつまでするかと言う問題はあります。

だいたい多くても、扶養的財産分与は3年程度です。

ご相談者様の給与を隠し持っている可能性もあるので、安易に応じない方が良いでしょう。

このまま、長引けば、今後は、婚姻費用の要求や、退職金の要求など

いろいろ金銭的な問題も増えて行きます。

相手が、譲歩しないのであれば、家庭裁判所に、調停を申立てて

調停委員に公平に判断していただいた方が良いでしょう。

その場合は、奥様が、預貯金を隠し持っている疑いは伝えた方が良いでしょう。

調停は、費用は数千円ですし、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有難うございます。 追加にて質問ですが、


①家賃補助の代わりに3年間のみ現住まいに住むことを了承した場合、何か書いたものに残しておく必要はあるでしょうか?例えば3年後に居住権のようなものを主張され出ていってくれないなどの心配があります。


②建物(私名義=共通財産)、土地(私の両親名義)のうち、現在の建物の額は聞くところによると約700万円程度とのことです。建物を財産分与したとして、土地は渡したくありません、親の名義なので渡せません。しかし住んでいる以上、土地はどうなるのでしょうか。


③上記のように考えるのは、退職金や年金を分与したくないからです。


もし調停などで争えば退職金や年金が分与対象になるのでしょうか?


 


ご解答よろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

これまでのお話から、奥様もそうとう悪知恵が働く方かもしれませんから

慎重な対応が必要です。

質問にわかる範囲で順番にご回答致します。

①居住権と言うのは、実際には法的には存在はしません。

その場所に住んで良いと言う条件、例えば、無料で住んで良い(使用貸借)か

家賃を支払って住んで良い(賃貸借)かによって権利を主張することになります。

そう言う意味では、協議離婚なら離婚協議書を公正証書で作成しておくことです。

②土地はご両親様のものであれば、建物に対してだけの財産分与が考えられます。

既にローンが終了しているのであれば、厳密にはローンの半分は、奥様が支払った設定にはなりますので

それを現金で支払うことになりますが、奥様が預貯金を隠し持っている可能性が高いので

それとの相殺を主張されても良いかもしれません。

③お金にせこい奥様であれば、退職金を見逃すはずがありません。

退職金代わりに、不動産を譲渡する手もありますが、そこは話し合いです。

また、年金分割は、現実問題として拒否は難しいと言えます。

いずれにしても、協議よりも調停の方が良い案件かもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

現在相手側の表明している要求は「現在の家に住まわせてくれ」のみですが、おっしゃられるように今後話し合いが進む中で年金、退職金の要求もあると思います。どのようなストーリで話を進めるのがこちらにとって最適かという観点で考えた場合、以下のようなことでどうでしょうか。


  建物の折半分(350万)+3年間家賃なしで現在の住まいを提供する


  その代わり、退職金、年金等は要求しないという証書を書かせる。


私としては、妻は認めていませんが、間違いなく隠し財産を持っているので、それ前提に話をもっていきたいのです。


相手も、隠し金がある上3年間の無償貸与の条件を出しているのに、更に退職金等の要求までしてくるとは思えないのですが。


もしかしたら、10年くらいの貸与を要求してくるかもしれませんが。


どこかで調停にも踏みきらなければならないと思っていますが、まずは相手に対し、どのうような話のもって行き方をすればよりベターでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話のような内容で持っていって良いと思います。

今回の条件を奥様に提示して、応じればそれで離婚協議書を公正証書で作成すれば

良いのですが、応じなければ

ご相談者様が譲歩できる部分までは協議を続けることです。

3年間家賃無しが、5年間になるかもしれません。

10年とかになって、そこまで譲歩できないとなれば

初めて、家庭裁判所の調停になります。

まずは、協議で決められるところまでいって下さい。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
満足したユーザー: 4335
経験: 中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    828
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    305
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    208
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問