JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4918
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

夫の不貞行為をきっかけに心身とも健康を害し、離婚を申し出ましたが拒否されました。現在思春期にある子供の成人を待って離

解決済みの質問:

夫の不貞行為をきっかけに心身とも健康を害し、離婚を申し出ましたが拒否されました。現在思春期にある子供の成人を待って離婚したいと考えています。夫は海外出向中で年三回1週間ずつ帰国します。
不貞発覚から3年は耐えましたが、近くにいるだけで恐慌状態に陥りうつ病と診断されました。
カウンセラーのアドバイスで、この夏から夫の帰国期間だけ
ホテルで過ごすようになりました。夫婦間のことで子供を巻き込み傷つけたくないため、子供にまだ離婚の意志は伝えていません。時期が来るまで話したくないと思っています。
しかし頼りに思っていたカウンセラーから、
不貞行為にも時効がある、離婚するならどうしたいのか自分で考え決めるべ きで、
早期に子供にも話すべきだと再三言われて追い詰められるだけのような気持ちになり、
相談ができなくなりました。
もう一つ、
夫が全く誠意ある対応を見せず離婚拒否をするだけだったので、
思い余って夫方の家族にも相談しました。
それが仇となり、
義父母と義姉が逆に私に責任転嫁し私を非難するようになりました。
離婚する気なら子供を1人跡継ぎに寄こせと脅されもしました。
これまで通り夫をたて嫁として仕えることができない私の方が非礼で恩知らずだと怒り、義姉が家族代表のようにメールで攻撃してきます。
話が通じず、すり替わって私が悪いことにされるため、
一切返信せず交流も絶っていますが、辛いです。

子供には祖父母孝行させようと、
例年通り年末を共に過ごすため祖父母宅へ行かせますが、
自分は行かないつもりなのでそのことでまた非難メールが来ており、
気持ちが沈むばかりです。
以上の状況で、

1、こうした問題に強く、親身になってくれる弁護士さんを見つけたいがどうしたらよいか
2、離婚まであと最低四年は待たねばと決めているが、デメリットとその対策を知りたい
3、相手方の家族や義姉の暴言、責任転嫁、メール攻撃への対処方法はどうしたらよいか、
訴える対象になるかどうか


が知りたいです。

宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、大変お辛い状況と思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

不貞行為は、裁判上の離婚理由になりますので、ご相談者様からの離婚要求を

正当な理由がなく拒否はできません。

ご主人様が、海外出張を良いことに、適当な対応をされているのでしょう。

ご相談者様が、経済的な問題が無いのであれば、離婚要求をすべきです。

お子様のことも、相手のご親族様が勝手に決めることではありません。

調停になれば9割方は、親権等は母親側になります。

また、お子様も高校生ぐらいならば、すぐに親権も関係なくなりますから

親子関係が抹消される訳ではありませんから、

ご親族様の言い分に従っても良いかもしれません。

それ以上に、うつ病を完治する努力をされるべきでしょう。

それでは、ご質問にわかる範囲で順番にご回答致します。

1、実際問題、離婚関係は儲けにならないと弁護士の先生は、関わりたがらないのが

現状です。多分、親身にとかを求める場合は、がっかりされることが多いと思います。

裁判になっても、ほとんど連絡もいただけないのが現状です。

裁判になれば仕方がありませんが、裁判になるまで、協議や調停の段階では

離婚の専門家と言われる方々、それは離婚カウンセラーでも民事法務専門の

行政書士の先生とかでも構いませんから、二人三脚で進められることです。

2、4年で精神的にぼろぼろになるのがご心配です。

経済的な問題があれば、婚姻費用や財産分与の額のことは諦めないといけませんが

いずれ離婚するのであれば、今から何か職探しなど必要でしょう。

この時代、再婚は多いので、女性の場合は、待婚期間と300日ルールがあり

長引けば不利になります。

3、刑事事件としては、傷害罪や名誉棄損罪もあり得ると思いますが

ご親族に対しても、離婚の原因となれば慰謝料請求が可能です。

 まずは、離婚の要請と離婚条件を提示してしてみることです。

それと、今は海外出向されていますが、やはり家そのものを物理的に引っ越して

別居をすることです。別居実績は離婚理由として強いのです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
大変ご親切に回答いただきましてありがとうございました。
待婚期間、300日ルールとは、詳細を教えて下さいますか?
また、3で個人宛てメールであっても、名誉毀損に該当させることができるでしょうか?

もう一つ、離婚後は子供を私と同じ戸籍に、同じ旧姓に戻りたいと希望しています。どうしたらよいか、手続き等教えていただけますか?
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

女性の場合は、離婚後の親権等の問題から

6か月間の待婚期間があります、その間は特別な場合でないと再婚できないと

なっています。また離婚後300日以内に生まれた子供は、前の夫の子供と

推定されて、再婚した時の新しい夫の子とはならないので注意が必要で

そう言う意味では、1年間は、再婚等が難しくなるのです。

迷惑メールの場合は、それにより多くの他人に言う場合は、名誉棄損罪ですが

個人的なものだと、それによって精神的に傷つけば(うつ病になったり)

傷害罪となります。

離婚をするとお子様は、戸籍の筆頭者(今回は、多分、ご主人様)の戸籍に残ります。

これは親権がどちらでも関係なく、戸籍の問題です。

ご相談者様が、離婚後、旧姓に戻るか、そのままの苗字を名乗るかは自由で

いずれにしろ、「子の氏の変更届」を家庭裁判所に申し立てることになります。

これは簡単に通ります。その後、お子様をご相談者様の戸籍に入籍させることになります。

ただ、この場合の問題点は、親権者の同意が必要で、ご主人様が親権者だと

認めないかもしれませんので、ご注意が必要です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問