JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

不倫に関しての質問をさせていただきたいのですが。 9年前より不倫関係になり、初めは独身だと思っていたのですが、途中

解決済みの質問:

不倫に関しての質問をさせていただきたいのですが。
9年前より不倫関係になり、初めは独身だと思っていたのですが、途中で結婚している事がわかり別れ話をしました。
その時、子供とお嫁さんは自分を必要としていない、無関心という事を言われ先は離婚する事になる。今は自分の子供が成人していないし母親がいるので待って欲しいと言われました。結婚という言葉は使いませんでしたが
区役所より婚姻届を貰ってきてくれて約束として書き込んでくれました。(今は捨ててしまって手元にありません)そのときの条件として、年をとってどうにもならなくなってから別れるなら若いうちに別れたい、年をとってから相手からの別れ話になったときは慰謝料を払って欲しいと伝え、そのまま8年経ってしまいました。
8年目にお嫁さんに関係が分かり相手から去っていきました。
そのショックで、朝目が覚めると身体が動かなくなっていました。
そのまま入院になり神経内科に通院していましたが途中よりそれも止めてしまいました。
死んでしまいたい気持ちのほうが強く何も喉を通らなくなり1ヶ月で12キロ体重が落ちてしまいました。

今は気持ちのほうは落ち着いているのですが、相手の私に対する態度や日々の言葉で傷付くので今年の4月より休職しています。

長くなってしまいましたが、慰謝料の請求などできるのでしょうか。
請求できるのなら金額的にはどれくらいになるのでしょうか。

相手に対する憎しみが一杯で悲しくなります。

こんな質問ですが宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
司法書士です。よろしくお願いします。

回答のために確認させてください。

不倫関係にあったということで、あまり周りの人には関係を言ってないと思いますが、誰かに2人の関係を言っていましたか?将来結婚するつもりだと報告していたりした人はいないでしょうか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

 回答ありがとうございます。


 


今は辞めてしまっていますが同じ職場に同じ立場の人が居たので


その人には話しています。


こちらの状況を詳しく知っていましたので。


(相手の事も私のことも)


 

質問者: 返答済み 4 年 前.


今は辞めてしまっていますが、職場に同じ境遇の人が居て


相手のことも私のことも知っていたので話をしていました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
分かりました。

質問者様が相手から慰謝料を取るためには、相手方に不法行為や婚約破棄という契約違反がなければなりません。

質問者様たちの関係や結婚す るということを知っている人がいないかどうかを尋ねたのは、婚約破棄による慰謝料が請求できないかと考えたからです。
婚約破棄は婚約という約束が交わされ、それが第三者にも分かる形となっていなければなりません。質問者様の場合は不倫関係ということなので、婚約が周囲の人たちにも知られていたとは言えないと考えられます。職場に関係を知っている人がいたようですが、ほとんどの人が知らないと考えられるので、婚約破棄による慰謝料請求は難しいでしょう。

では、不法行為による慰謝料請求はどうかというと、これも難しいでしょう。
不倫関係にあるということは、結婚を延ばされても仕方のないことであり、言わばそれを承知で付き合っているといえるからです。
将来結婚できないときは慰謝料を請求するという約束は有効ではありますが、書面などの証拠がないのであれば、それを根拠に請求することも難しいです。


ただし、慰謝料を請求すること自体は自由です。それを支払ってくれるかどうかは相手次第です。もし、支払ってくれない場合に裁判で正式に請求するなら、上記のような根拠が必要になるということになります。一度請求してみて相手の反応を伺うということも有効な手段かと思います。
shihoushoshikunをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問