JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4618
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在婚姻関係を解消できないまま、次の結婚に向けて新居の準備をしておりましたが、いますぐ入籍できない事実を伝えたところ

解決済みの質問:

現在婚姻関係を解消できないまま、次の結婚に向けて新居の準備をしておりましたが、いますぐ入籍できない事実を伝えたところ、詐欺だと言われ、内容証明郵便で慰謝料請求すると言われました。事実、内容証明郵便が昨日(12/22)届き、慰謝料請求について代理人(弁護士)に1週間以内に連絡せよとの申し入れでした。当方は、今の婚姻状態を解消するべく動いており、将来の結婚を目指していますが、婚約不履行・詐欺と言われ途方に暮れております。先方の言うように慰謝料を払うしかないのでしょうか。新居を購入し、11月10日に引越しを行い、二人で同居生活を始めましたが、入籍できない旨を12月15日に申し出て、先延ばしをさせてもらえないかお願いしましたが、相手方の親が式の実行には18日までに離婚することが条件、と言い出して、それができなかったために12月18日に翌19日の式キャンセルとしました。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況にあると思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、相手の女性は、ご相談者様が婚姻中であると言うことは知らなかったのでしょうか?

また、婚約不履行に関しては、まだ、結婚をしないと宣言をした訳でなければ

問われる問題ではありませんし

ましてや、結婚詐欺と言うのは結婚をちらつかせて、金銭を要求する場合の話です。

そもそも、詐欺と言うのは故意犯で、最初から騙す意思がないといけません。

そう言う意味では、相手側から大げさな話にされています。

また、実際に弁護士の先生が間に入ると、今後、トラブルにもっていかれて

訴訟などにされることもございます。

弁護士の先生としてはもめた方がお金になってありがたい訳です。

とにかく、相手の女性ときちんと話し合い、奥様とは別れる努力をされることです。

お話からは、もう夫婦関係は破綻していると推測できますので

家庭裁判所の離婚調停を申立ててみてはどうでしょうか?

そのことを相手の女性に伝えて本気度をわかっていただくことです。

内容証明に書かれたことは法的な効力がある訳ではありませんし

1週間以内と言うのも難しい話です。

慰謝料を支払う必要は無いと思いますが

離婚について離婚調停などで本気に進めて行くと言うことを伝え

結婚の意思があることをお伝えするので良いと思います。

とにかく、相手の女性との話し合いです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.


相手には婚姻中であることを話さずに離婚成立させるべく動いてきましたが、不調に終わって、調停せざるを得ない状態です。しかし、式までには間に合わないことから、初めて婚姻中であることを告げた次第です。お恥ずかしい話ですが、裏でうまく動ければ良いという甘い考えで動いておりました。


相手に対しては代理人を通じて行うこと、という条件もついていますので直接話すことが難しい状態だと思っています。また、親が介入して、当方が留守の間に保有しているマンション契約やクレジットカードの明細などを持ち出されています。事前承諾なしに何を持ち出されたかわからない状況で、それらを基に訴訟を起こされるとどのような刑事告訴になるのか全く想像できない状況です。こちらも弁護士を通して対応することにすれば良いのでしょうか?すぐに動く必要があると思いますが、どうして良いのかわかりません。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

それは、なかなか難しい綱渡りをされたようです。

ただ、相手側にそのことをしっかり伝える必要はあります。

仮に、婚姻していることを告げず、結婚するとして弄ぶことになったら

貞操権侵害としての慰謝料請求はあり得ます。

 今回は、離婚前提で、いろいろ進んでいたのであれば、夫婦関係は破綻していたのだから

結婚したいことは事実であると、相手の弁護士の先生に内容証明で回答書を出すことでしょう。

下手に代理人をご相談者様も立てれば、それは不信感をもたれるでしょう。

書面でも良いですから、相手の女性やご親族様に対しての謝罪文と結婚に対する

決意表明をしておくことです。

内容証明は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されても良いでしょう。

とにかく、謝罪と今後の結婚への思いを早目に伝えることでしょう。

今回のケースで刑事告訴は難しいと思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問