JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 495
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

離婚に関する質問です。 主人が別居をしたいと言っています。不倫関係の女性がおり本人も認めていますが、そうなったのは

質問者の質問

離婚に関する質問です。
主人が別居をしたいと言っています。不倫関係の女性がおり本人も認めていますが、そうなったのは私が夫婦関係を拒んだせいで、自分に非はないと言っています。
気持ちのなくなった妻との子供には愛情も感じないという発言もありました。
おそらく夫婦としての修復は難しいと思いますが、一方的に私が悪いとも思えません。
法律上、不貞した側に非があるのではないのでしょうか。
有利に離婚な話を進める方法があれば教えて下さい。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
「愛情がない」「子供にも未練がない」、そしてあなたもやむ無しとお考えでしたら、別居された方が気に病むことなく生活できるでしょう。
別居する上で収入のある方が、生活費を支払うことになります。目安となる額は、家庭裁判所のホームページに掲載されていますので、ご参照ください。
不倫の理由が、夫婦生活が無かったことが原因とありますが、「拒んだ」のか自然とそうなったのかが、争点になると思います。結婚当初から現在に至るまでの夫婦生活のいきさつを、できれば時系列で箇条書きにしてみてください。
不倫が夫婦生活の拒否にないことが証明されれば、事 を有利に進められると思われます。
相手としては、不倫の理由を言い訳することだけでも状況的に不利です。行きいきさつを明朗に説明できれば結構です。
別居の後は、離婚について話し合うことになるでしょう。まず、調停の場で話し合うことになります。ここで、あなたと子供さんの今後の再出発の資金として、「解決金」という形で、同意に応じるようにしましょう。養育費の支払いについても取り決めましょう。これは当然相手が支払うべきものです。これも家庭裁判所のホームページに基準が掲載されています。
調停が「不調」に終わった時は審判を申し立てられることになるでしょう。ここでは前述の「いきさつ」を十分に活用して対応しましょう。審判になると、弁護士に依頼する必要が出てきますが、ここで役に立ちます。
さらに、夫婦関係の有無に関わらず、不倫相手には慰謝料を請求できますので付記しておきます。
審判になった場合、相手の非難の応酬になり、疲弊しますが、頑張ってください。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問