JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 487
経験:  市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
64397026
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

結婚11年。私は時々のパート、夫は自営(年収600万税込み)で6歳の子供がいます。 離婚をしたいのですが、財産分与

解決済みの質問:

結婚11年。私は時々のパート、夫は自営(年収600万税込み)で6歳の子供がいます。
離婚をしたいのですが、財産分与について教えていただきく、質問させてください。自宅は結婚後すぐに購入して頭金など義理親が出してくださり、繰り上げ返済など頑張って、今年終わりました。また、夫は結婚前に中古マンションを持って  おり、現在もローンを支払中です。預金は300万円ほどです。

この場合、財産分与はどうなるますでしょうか。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  dai60962000 返答済み 4 年 前.
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
財産分与の方法ですが、婚姻期間中に蓄財したものを、等分することになります。なので、結婚前に所有していたマンションは、夫のものとなります。ただ、収入を返済に当てていることから、結婚後の支払い額を等分した額を請求して構わないと考えます。結婚後に購入されたマンションは、同等の権利があります。しかし、離婚する以上、共有すること はふさわしくないので、どちらかが取得した上で、路線価の半額分を相手に支払うことで清算できます。
お互いの年収は、夫婦は共同扶助であるため、特に関係しません。お互いの協力のもとで蓄財したことになります。よって預金も等分すればよいと考えます。
親の補助は双方への贈与になりますし、子供の扶養についても財産分与には関係してきません。離婚後、養育権を放棄した方が、収入に応じて負担していくことになります。
dai60962000をはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問