JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

慰謝料の件で相手妻が私の証言をした場合、離婚協議にどのような影響がありますか?

解決済みの質問:

慰謝料の件で相手妻が私の証言をした場合、離婚協議にどのような影響がありますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
質問者様の味方をするということは、
先日回答したとおり、
「浮気は、婚姻関係が破綻した後にしたものだ。」ということです。

そうすると、浮気による慰謝料の支払い義務を否定できることになりますから、
協議離婚においても有利です。
浮気によって慰謝料を支払うことになるのは、
婚姻関係破綻前の浮気に限られるからです。
そして、相手夫のせいで婚姻関係が破綻したことを言えますから、
相手妻が慰謝料を請求できる側にまわれることになります。

ただ、注意していただきたいのは、協議離婚はあくまで協議であって、
相手の言い分を受け入れてしまうとそれでどんどん話が進んでしまいます。
ですから、慰謝料を支払い必要がないという言い分で主張するべきところを、
相手の強引さに負けて協議を進めてしまうと、それはそれで協議離婚はまとまってしまいます。
まったくまとまる気配がないのであれば、第三者を交えた調停等を利用した方がいいです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答有り難うございます。


相手妻とその実父が一番心配しているのは、離婚するにあたり莫大な慰謝料、又は損害賠償?を請求されるかという点です。


これまでの話の流れで交渉が進んだとすれば、相手夫側の請求自体が無効になるという認識で良いのでしょうか?


 


また、親権、養育費の件ですが、今回の慰謝料の協議がどのような影響を及ぼすでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
請求はあくまで請求です。
それが認められるか、それに応じるかは別問題ですから、
請求自体が無効になることはありません。
協議離婚は、あくまで「協議」なのですから、相手の請求を拒めば足りる話です。

養育費は、お子さんを育てるための金銭ですから、慰謝料とは無関係です。
影響はありません。
親権については、90%以上が母親に認められるという傾向にありますし、
これも影響なしと考えていいでしょう。

ただ、繰り返しで恐縮ですが、協議なのですから相手は過大な要求をしてくることは珍しくありません。それをしっかりと拒絶し、妥当な落としどころに持って行くことが大事です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 *協議離婚は、あくまで「協議」なのですから、相手の請求を拒め    ば足りる話です。


 大変参考になります。ありがとうございます。


協議の議題として、新築の家の扱いも上がると思うのですが、相手妻側にもローンの支払い義務はあるのでしょうか?
今現在、相手夫婦で折半しているとのことですが。


名義は相手夫の名義だそうです。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
家の分け方は難しいですね。

・住み続ける側がローンを全額負担する(住まない方はローンを支払わない)
・家を売ってしまって、残額(足りなかったらローンを)を折半
といった分け方が通常です。

基本的に財産は半分ずつ分けるのが普通ですから、
・住み続けたいけどローンは支払いたくない
といった要求は通りません。

ローンの支払い義務から免れたいのであれば、
家を相手に分与してしまった方がスムーズにいきそうです。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

相手妻には住み続ける意思は無いので、それ以外の選択肢になりそうです。


では、最後に昨日と今日質問させていただきましたが、この想定通り話が進む確立はどれぐらいありそうですか?


慰謝料の件


離婚の件


それぞれ一般的な回答で構いませんので、教えて下さい。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
慰謝料の件ですが、相手妻がしっかりと証言でき、
家庭内での扱いまでしっかりと立証できれば、
支払わずに済む可能性は、半分と言ったところでしょう。
もちろん、相手がこれに反論できる証拠をどれだけそろえられるかで変わります。

その他離婚の件は、
相手にも譲れない線はあるでしょうし、
基本は半々ですから、想定通り(要望がすべてとおる)行く可能性は低いと言わざるを得ません。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問