JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

jo-banに今すぐ質問する

jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

沖縄県在住です。家族構成 私本人(57歳) 別居中の妻(59歳) 息子(25歳)娘(20歳、大学生)です。 妻の嫉

質問者の質問

沖縄県在住です。家族構成 私本人(57歳) 別居中の妻(59歳) 息子(25歳)娘(20歳、大学生)です。
妻の嫉妬深さやいろいろな問題で 心労もあり体調を崩し、同居に耐えられなくなり 1998年に別居開始。離婚調停をしたが 妻がなにがなんでも離婚しない、と言い張り離婚は成立せず。 娘が20歳になるまでは いくら戦ってもこちらが不利で 離婚は無理、と言われて あきらめました。 今年娘が 20歳になったのを機にもう一度 離婚をもちかけるつもりです(別居は続いています。住民票等も今はすべて別。) 私には 恋人がおり(彼女とつきあっているから 妻も意地になって離婚をしない、と言っている) 何年も待たせている恋人に対しても 早く 結婚してあげたい、と 強くねがっています。
いきなり 妻 離婚届の書類をわたすべきか、それともやはり その前に弁護士さんに相談したり、何か 書類を作っておいたほうがいいのか教えていただけると助かります。その場合、司法書士さん、弁護士さん、どちらにお願いしたほうがいいのか、相談したほうがいいのか わかりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

まずは明確な方のご質問からお答しますね。
頼むのであれば弁護士です。
離婚調停や裁判は、弁護士のみが扱えます。

離婚をする際ですが、いろいろな条件を整理してから離婚届を突きつけることをおすすめします。
まずは財産分与。妻が持っている財産を把握しておいてください。

次に、もっとも重要な慰謝料です。
本件は、妻の嫉妬深さ等という理由で離婚に至っているのですから、慰謝料を請求することができます。
その妻の異常さを示すものを集めておきましょう。

そして、交際している女性を守る必要があります。
結婚中の浮気は、原則として慰謝料支払義務があります。
ですから、その交際相手を守るようにしておくことが大事です。
要は、その女性と交際をし始めたのは、質問者様夫妻の婚姻関係が破綻した後だということで口裏合わせ(真実ならばそのままで結構です。)をしておくことで、
妻からの慰謝料請求を免れることができます。
jo-ban, 弁護士
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧な回答をありがとうございます。もう少し質問です。まず交際中の相手とは別居前からありました。(私自身はそれが直接原因で離婚、ではないです。あくまでも妻との不仲、体調不良) だとしても妻からはそれに対して慰謝料請求はあると思いますが最低限ですむ方法があるかどうか知りたいです。(妻は私の恋人に相当なストーカー行為、嫌がらせを3年ほどしていました。)
② 財産分与について: 妻は特に持っていません。私は多少の貯金があります。生活費はきちんと毎月滞りなく送金していますが 私の貯金等も妻に分けないといけない、ということはありますか?


③以前調停したときに「子供が20歳になるまでは離婚は難しい」と言われ断念しました。ようやく娘が20歳になりましたし別居も15年以上たっています。この場合、私は有利になりますか? それともまだ不利な条件などはあるのでしょうか?


以上です。 よろしくお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
②そうなりますね。あくまで夫婦で築いた財産を折半が原則です。
質問者様のその貯金は、妻の助力なく築いたものといえるのであれば、折半は不要です。
別居期間中に貯めたものであれば分ける必要はありません。

③20歳になるまで・・・というのが、よくわからないのですが、
別居期間のことなのでしょうかね。
それか、別居期間がある程度長引かないと婚姻関係破綻とはいえないということを言いたかったのでしょう。

別居15年にもなれば、すでに離婚しにくいというものはなく、
妻の問題点を指摘できれば大きく有利な立場に立てます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


②③について よくわかりました。ありがとうございます。最初の 「私の恋人に対して数年にわたり相当な嫌がらせをした。


彼女(恋人)が訴えられた場合 その嫌がらせを理由に慰謝料を減額できるのか、何か方法はありますか。(証拠などはないのですが・・)」 についての回答をお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
嫌がらせの証拠がなければ、損害賠償請求は認められませんから、
それを理由に減額等の交渉をすることはできません。

できるとすれば裁判外での交渉です。
裁判外であれば、裁判官が判断するわけではありませんから、
相手が応じさえすれば証拠は不要です。

嫌がらせの程度が大きくないと、対等に交渉できるほどの損害賠償額にはならない可能性が高いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


わかりました。ありがとうございました!

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
がんばってくださいね。
無事に解決しますように。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    815
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    815
    中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DA/dai60962000/2012-1-15_244_FH000002.64x64.JPG dai60962000 さんのアバター

    dai60962000

    行政書士

    満足した利用者:

    304
    市立都留文科大学卒業、企業に就職して経験を積む。平成22年に行政書士事務所を開業、26年FP2級資格取得
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    38
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    206
    東京司法書士会所属
  • /img/opt/shirt.png jo-ban さんのアバター

    jo-ban

    弁護士

    満足した利用者:

    248
    慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
  • /img/opt/shirt.png AE さんのアバター

    AE

    行政書士

    満足した利用者:

    40
    民事法務専門
  • /img/opt/shirt.png gyoenlegal さんのアバター

    gyoenlegal

    司法書士

    満足した利用者:

    39
    中央大学法学部卒業 渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
 
 
 

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問