JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

離婚を検討しています(現在は別居中です)。 夫は借金があり、自己破産する予定です。わたし名義の預貯金は500万ほど

解決済みの質問:

離婚を検討しています(現在は別居中です)。
夫は借金があり、自己破産する予定です。わたし名義の預貯金は500万ほどあり、夫は
1.子どもの親権は母(わたし)とする
2.借財は分与しない(夫が破産して全額被る)
3.わたし名義の預貯金 のみ折半で分与する(夫は自己破産するため預貯金なし)
4.現在は収入がないので、養育費は当分払わない
という条件を提示してきました。

わたしとしては、養育費をもらえないこともあり、預貯金の分与は避けたいのですが、無理でしょうか?
また、夫には不貞の疑惑がありますが、証明して慰謝料を取ることは難しい状況です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

夫がそのような条件を提示してきたのですから、
質問者様においても
「それだったら財産分与はなしということにしてほしい」と条件を提示すればいいのです。

離婚条件については、
まずは双方の話し合いが先決です。
話し合いでまとまりさえすれば、無理ということはありません。

しかし、これがこじれて調停や裁判となった場合には財産分与を避けることは難しいです。
ですから、話し合いのうちに財産分与をしないということでまとめてしまってください。

夫の条件が、
「借財を分与しない」とありますので、それだけでも十分に質問者様に有利です。
借財を分与せず、あとは折半というのであれば、それだけでも有利ですから、
落としどころを決めておいた方が調停や裁判では戦いやすいですね。
借金は嫌だが、あとは全部ほしいということになると、
調停委員や裁判官の理解を得られません。
ですから、せめて何割かは分与するというところが現実的だと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

夫の借財については、主に事業の失敗や夫の実家の都合が原因ですが、夫婦共有の借財となってしまうのでしょうか?


子ども名義の預貯金や保険まで使い込まれ、感情的には財産は分与したくないのですが、わたし名義の預貯金の分与分については、養育費の一時払い(の一部)に充当して欲しいと回答しました。夫には受け入れられないようですが、こういう方法での分与は難しいでしょうか。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
夫の事業についてですが、その夫の事業で養ってもらっていた・財産がその事業によってたまったものなのであれば、その借財も夫婦共有です。
いいとこどりはできないということです。

最初に回答したとおり、お二人が納得しさえすれば、どんな方法で分与してもいいのです。

夫の提案に拒否の回答をしたようですが、
質問者様の望む提案で投げ返さないと話し合いが進みませんから、
ここに今書かれている内容で投げ返すことをおすすめします。

そうしないと条件の提示が常に夫からなされ、主導権を握られてしまいます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

何度も質問して申し訳ありません。


夫の提案は受け入れられないが、折衷案として上記なら受け入れられると回答しています。ただ夫はそれでは納得できないようで、調停に持ち込まれる可能性があります。調停では上記のような提示は通らないでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
なるほど、そういう返した方はいいですね。

調停はあくまで話し合いです。
夫が条件を飲まないと言い続ければ通りませんし、
質問者様が折れなければそれもずっと維持されます。
調停に勝ち負けはありません。
調停になると面倒、とお考えであれば少し譲歩していくということになるでしょうね。

あとは、少しでも有利に運ぶために、浮気の事実を調停で指摘するということもありえるでしょう。証拠がなくても指摘するだけしてしまうのです。
そうすることで、
「慰謝料代わりに財産分与に色をつけてほしい」と言って、いい条件を勝ち取るのです。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問