JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 846
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

離婚訴訟で第1審は,妻の離婚理由は不当で却下となるも、上告され再審で、妻の離婚意欲の強さに、子供の心情を思い(3

質問者の質問

離婚訴訟で第1審は, 妻の離婚理由は不当で却下となるも、上告され再審で、妻の離婚意欲の強さに、子供の心情を思い(3歳になつたばかりの母とのスキンシップや情緒を思うと)これ以上、夫婦の醜さを、さらすのは父親として我が子にかわいそうで、自分の我のみ満たそうとする妻の、意志に従い、再審はさけ、家庭の再構築を諦める決意を、いや応なく決断せざるを得ませんでした。(また、妻の我の強さに愛想もつき、諦めました) 子供の親権は、自分のことしか考えられない、妻ではなく、父親の 私が守り勝ったのですが、日本の法律は、母性の子供の必要性を、重んじる古い概念だけで、真に子供に必要な、深い愛情の多様な文化を理解ぜずに、単純に、決審し、母性優先主義を通してしまいます。(戦うには経済的負担が強く必要です。悔しいです!)  我が子に会うことも、我が子が母親の顔色を伺いつつ、月に一二度元妻にお願いし、実現するときが幸せと思わなければ、いけない状態です。 私の父母は、孫を引き取り育てたいと、までいっています。私の父母の愛情を、我が子に与え、祖父母の愛情を、我が子に与え、我が子が人に愛される権利までも、母親の独占欲で奪われることが、正しいのでしょうか?我が子が祖父母の愛情を目いっぱい受ける権利を、確保してあげたいのですが、何か具体的な方法を、教えてください。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
こんばんは、弁護士です。

1つ確認させてください。
離婚をするにあたって、お子さんとの面接(回数や時期等)について合意していないのでしょうか。

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問