JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

前回の回答で、「協議離婚」を目指すようにとのアドバイスをいただきましたが、 妻と直接会って離婚条件を話し合うのは、

解決済みの質問:

前回の回答で、「協議離婚」を目指すようにとのアドバイスをいただきましたが、
妻と直接会って離婚条件を話し合うのは、私にとって不利になりそうなの で、
会わずに、第三者に仲介してもらい、離婚条件を決めたいと思っております。

どうして会いたくないかというと、証明はできませんが、妻の言葉の暴力もあり、
私は現在精神を患って心療内科で治療をうけているからです。

直接会って協議すると、相手側の有利な内容になってしまいそうで、
それが心配で会って協議するのを避けているのが正直なところです。

特に、金銭的に向こう側に都合の良い要求をしてくるのが目に見えているので、
一般的な、財産分与や、親権、養育費などの基準をしめしてくれる、第三者の
仲介がほしいところです。

そういう第三者の仲介者は、弁護士になるのでしょうか?

それとも、調停にもっていけば、相手に会わずに、話し合いがすすむのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

奥様に会われてお話ができないとなると協議離婚は難しいとなりますが

基本的には、奥様に離婚条件を提示して、メールや書面でのやり取りでも

可能だとは思います。

最終的にまとまった条件を公正証書にするだけです。

離婚協議書の公正証書は、代理人でも作成可能です。

その場合は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると

良いと思いますが、直接、奥様に会ったりして代理交渉をできるのは弁護士の先生にだけになります。

家庭裁判所の調停の場合は、費用は数千円ですし、弁護士の先生にご依頼する必要も

ございません。

調停は調停委員が間に入って、ご夫妻様別々に話を伺うことになりますから

奥様と会うことはありません。

調停がまとまると、調停調書と言う公正証書みたいなものが作成されます。

ただ、時間がかかることだけは覚悟しておいて下さい。

調停の場合でも、専門家にご相談しながらされると良いと思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問