JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私が不倫をして、離婚慰謝料について公正証書を作成しましたが、離婚原因は不倫以前の家庭内の問題であり、すでに夫婦関係は

解決済みの質問:

私が不倫をして、離婚慰謝料について公正証書を作成しましたが、離婚原因は不倫以前の家庭内の問題であり、すでに夫婦関係は破綻していました。婚姻中とはいえ、不倫をしたことは事実ですが、慰謝料を支払うことは不服です。公正証書作成時も、まともな判断能力がないくらい精神的に参っていた時期でした。その異議申し立ては可能ですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

公正証書は、裁判所の判決と同じです。
ですから、公正証書に文句を言う場合には、新たに異なる内容の公正証書を作成するか、裁判所に訴える必要があります。
放っておくと財産を差し押さえられてしまいます。

不倫によって慰謝料の支払義務そのものを免れることはできませんが、
精神的に参っていたのであれば、そのことを立証し、減額は可能です。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
慰謝料の支払義務を免れない、と記載しましたが免れる可能性は十分にあります。

そこだけ訂正します。
質問者: 返答済み 5 年 前.


回答ありがとうございました。


慰謝料の支払い義務を免れる可能性がある、とおっしゃいましたが、具体的に教えていただけませんか。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
婚姻関係破綻後の不倫であれば、慰謝料の支払義務はありません。
ですから、その内容を主張すれば慰謝料の支払義務はありません。
ただし、公正証書をそのままにしておくと慰謝料を支払うしかありません。

ですから、新たに公正証書を作成するか、債務不存在確認の訴え等を提起して公正証書の内容を争うことによって、慰謝料の支払義務を免れることができます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

新たに公正証書を作成する場合、別れた相手の同意が必要になりますか。


債務不存在確認の訴え等を提起する、とはどのような手続きが必要でしょうか。


それは個人でできますか。専門家に依頼する場合、いくらぐらいお金がかかりますか。


すみません。お答えいただけると幸いです。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
新たに公正証書を作るには、相手の同意が必要です。
難しいようでしたら、訴えになるでしょう。

訴え提起をご自分でするのはとても難しいです。
手続としては、訴状を裁判所に提出するだけなのですが、
その訴状の作成が大変困難です。

いくらかかるかは、弁護士によって異なりますので、一概にはお答えしがたいところですが、
最低でも30万~50万円が相場とお考えください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

訴訟を起こすのですね。分かりました。ですが、証拠となるものは一つもありません。会話を録音していたわけでもないし、誰かが聞いていたわけでもありません。私の証言だけでは、不十分でしょうか。相手が嘘の証言をしたら、お手上げですか。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
そうですね・・・証拠がないと勝てませんね。
公正証書が無効であることを立証する責任は、質問者様側にありますので、
それを立証できなければ勝てません。

お互いに違うことを言い張った場合には、立証責任を負っている質問者様が不利です。

ただし、公正証書の内容が不当に質問者様にとって不利(例えば、不倫なのに1000万円の慰謝料の支払義務を認めているなど)な場合には、そのこと自体をもって公正証書が無効であることを立証する1つの事情になります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

証拠がないが、立証できる方法はありませんか。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
それはありえません。

第三者である裁判官にわかってもらうには、証拠が絶対的に必要です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

では、相手が私の証言を認める以外、立証できる方法はないということですね。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
公正証書の中身そのものが不当であれば、それ自体が証拠になることは回答済みです。

また、当時精神状態が不安定だったということですから、当時の様子を知る友人などの協力も微力ながら証拠になります。

あまり極端に考えず、柔軟に考えてください。

公正証書を作るまでに、相手と交渉を重ねていませんか。
当時のメールやメモなど、何でも証拠になりますよ。

本当に何もないのであれば、それは立証する方法がないのと同じです。
jo-banをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問