JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒業夫婦・男女問題法務手続き専門行政書士
61894004
ここに 戸籍・離婚・家族親子関係 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

今後、離婚に向けて話を進めたいのですが、どのような手続きになりますか? 「調停」というものがあるそうですが、それは

解決済みの質問:

今後、離婚に向けて話を進めたいのですが、どのような手続きになりますか?
「調停」というものがあるそうですが、それは、どういったものなのでしょう?

財産分与や親権のことを決めないと離婚が成立しないとおもいますが、
どういった情報をお知らせすればよいでしょう?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 戸籍・離婚・家族親子関係
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは、いろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 現時点で、別居をされていると言うことで、理由は不明ですが

まずは、協議離婚を目指すことです。

協議が整えば、協議離婚と言うことで、離婚協議書を公正証書で作成すれば

離婚後のトラブル防止が出来ます。

 別居をされてますので、内容証明等で、離婚条件の提示をすることになります。

それに応じれば、離婚協議書を、公正証書で作成します。

内容証明や公正証書は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生に

ご依頼されると良いでしょう。

 それに応じない場合に、初めて家庭裁判所の調停となります。

家庭裁判所の調停は、費用は数千円ですし、弁護士の先生にご依頼する必要も

ございません。

お話からは、親権は、それぞれのお子様で分ける感じでしょうか。

財産分与は、婚姻中に形成された財産は、名義がどちらであれ

すべて共有財産となります。

決めないといけない最低限の離婚条件としては、財産分与、慰謝料、養育費、面会交流、

年金分割がございます。

先ほどの専門家と相談しながら二人三脚で進めると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の戸籍・離婚・家族親子関係カテゴリの専門家が質問受付中

戸籍・離婚・家族親子関係 についての関連する質問